利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

96 関・張の武勇

漢以後、勇者を称える場合には必ず関・張を取り上げた。二公の本伝に見えるものは以下の通り。袁紹が顔良を派遣して劉延を白馬において攻撃したので、曹操は張遼・関羽に劉延を救出させた。関羽は顔良の麾蓋を眺め見て、馬に鞭打って敵勢一万のただなかで顔良を刺し、その首を斬って引き返したが、袁紹の将のうちでも敵対できる者はなかった。当陽の戦役において先主は妻子を棄てて逃走し、張飛に二十騎を率いさせて後詰めさせた。張飛は川を足がかりに橋を断ち切り、目を瞋らし矛を横たえて言うに、「身どもはこれぞ張益徳である。来い、ともに死を決しようぞ!」敵兵のうちあえて近付く者はいなかった。二公の武勇のうち、伝記に見えるものはこれだけである。しかしながら当時にあって彼らの威名に震えおののかぬ者はなかった。魏の程昱は言った。「劉備には英名があり、関羽・張飛はいずれも万人之敵である。」(魏志程昱伝)劉曄は漢中奪取の勢いに乗って蜀を切り取るべきだと曹操に勧め、言った。「もし少しでも緩めてやれば、諸葛亮が統治の明るさでもって宰相を務め、関羽・張飛が三軍に冠たる勇ましさでもって将帥を務めておりますから、手を着けられなくなります。」(魏志劉曄伝)これは魏の人々が彼らの武勇に心服していたということである。周瑜は密かに上疏して孫権に言った。「劉備には梟雄の相があるうえ、関羽・張飛といった熊虎の将がおり、久しく屈従して他人のために働いたりはきっといたしますまい。」(呉志周瑜伝)これは呉の人々が彼らの武勇に心服していたということである。それだけではない。晋の劉嘏は賊軍を攻撃するたびに堅城を落として鋭鋒をくじき、冀州地方では彼を関羽・張飛になぞらえていた。(晋書劉嘏伝)苻秦は閻負・梁殊を使者として張玄靚のもとへやり、本国の将帥には王飛・鄧羌がいて、関・張の仲間、万人之敵であると誇示した。禿髪傉檀が宋敞に人材を求めたとき、宋敞は「梁崧・趙昌の武勇は、張飛・関羽と同等です」と言った。李庠は人並み外れた膂力を持っており、趙廞は彼を立派に思って「李玄序は一代の関・張である」と言った。(いずれも晋書載記)宋の薛彤・高進之はそろって武勇強力の持ち主であったので、当時の人々は関羽・張飛になぞらえていた。(宋書檀道済伝)魯爽が反乱を起こしたとき、沈慶之は薛安都にこれを攻撃させた。薛安都は魯爽を眺め見るなり、すぐさま馬を躍らせて大喝し、まっすぐ突きかかり、手をくり出すとともに倒した。当時の人々は、関羽の顔良斬りでさえこれ以上ではなかろう、と言った。(南史薛安都伝)斉の垣歴生の武勇は傑出しており、当時の人々は関羽・張飛になぞらえた。(南史文恵太子伝)魏の楊大眼は驍勇果敢、世間では関・張でもこれ以上ではなかろうと評判された。(魏書楊大眼伝)崔延伯が莫折念生を討伐して勝利を収めると、蕭宝寅は「崔公は古代の関・張である」と言った。(魏書崔延伯伝)陳の呉明徹が北進して高斉を討伐したとき、尉破胡らの十万人が着陣して楯突いた。西域の者がいて無駄なく矢を発した。呉明徹が蕭摩訶に告げた。「あの胡人を倒すことができたならば敵軍は意気沮喪するであろう。貴君には関・張の武名がある。顔良を斬ってくれるかね!」蕭摩訶はただちに陣営を飛び出し、鉄塊を投げ付けてその者を殺した。(陳書蕭摩訶伝)以上はみな各史書に見えるものである。二公の武名がただ同時代の人々に慕われ、畏怖されているばかりでなく、死後数百年たっても、彼らに震えおののいて驚かぬ者はなかったのである。武威名声は轟いて現代でも朽ちることはない。天性の神武は決して空しいものではないのだ。