利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

75 曹娥と叔先雄

范書列女伝にいう。会稽曹娥なる女子は、その父が巫覡であったが、五月五日、(父は)神を迎えるため長江の大波に逆らって溺死した。曹娥は十四歳。長江で泣きながら十七日のあいだ亡骸を探し続けたが、見つからず、とうとう長江に身投げして死んだ。県令度尚が曹娥を道端に葬り、魏朗に碑文を書かせたが、まだ完成しないうちに、邯鄲淳にも作るよう命じた。魏朗は邯鄲淳の文を見ると、自分の作品を破り捨てた。こうして邯鄲淳の文章が石碑に刻まれることになった。それが蔡邕の「黄絹幼婦外孫韲臼」と題したものである。またにも叔先雄なる女子があり、父の泥和が県の功曹として檄文を奉じて郡へ赴いたとき、溺死して亡骸が行方知れずになった。叔先雄は溺れた場所を探りあて、川に身を投げて死んだ。その弟が、六日後に父と一緒に出ていこうと叔先雄から告げられる夢を見た。当日になると、夢見た通り、二人の亡骸は同時に長江に浮かび上がった。郡県はこれを表彰し、その姿形を絵に描いて肖像画を作った。二人の行動は全く同じであり、また『列女伝』には同時に載せられている。しかも曹娥が父の亡骸を見つけられなかったのに対し、叔先雄は父の亡骸とともに現れたのだから、より一層の霊異であると言えよう。ところが曹娥は現在まで人口に膾炙する一方、叔先雄はその姓名を知る者とてない。一碑文の力でないとすれば、伝わるかどうかというのは天命ではなかろうか。