利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

73 四世三公

西漢前漢)では韋・平両氏が二世代にわたって宰相を務めたが、些細なことに過ぎない。(韋賢宣帝劉詢)の時代に丞相となり、その子韋玄成元帝劉奭)の時代にまた丞相となった。鄒・魯の地方の諺では「黄金を籠に満たすとも、子に経典を教えるには如かず」と言った。また平当は丞相となり、その子平晏大司徒となった。このとき丞相は大司徒と改称されており、大司徒とは宰相に相当するのである。『平当伝』に言う。が建国されて以来、父子で宰相に昇ったのは韋・平両氏だけである。)東漢後漢)には子孫代々がみなになった例がある。楊震太尉に就任し、その子楊秉劉矩の後任として太尉となり、楊秉の子楊賜劉郃の後任として司徒、また張温の後任として司空となり、楊賜の子楊彪董卓の後任として司空、また黄琬の後任として司徒、淳于嘉の後任として司空、朱儁の後任として太尉・録尚書事となった。楊震から楊彪まで四世代がみな三公になったのである。袁安は司空に就任し、また司徒にも就任し、その子袁敞および袁京はみな司空となり、袁京の子袁湯もまた司空となり、太尉を歴任して安国亭侯に封ぜられ、袁湯の子袁逢もまた司空に就任し、袁逢の弟袁隗は袁逢よりも早く三公となり、官位は太傅まで昇った。それを臧洪は「袁氏は四世代で五人の公を出した」と言っているのであって、楊氏と比べても公はさらに一人多い。古来、この両家ほど一族の繁栄した例はない。范蔚宗范曄)は西京(西漢)の韋・平両氏でも彼らに比べれば大したことはないと述べているが、まったく些細なことだと言えよう。両家代々は名声徳望でもって国家譜代の臣下となったが、ただ家柄や資産だけで出世したのではなく、なかなか真似できないものである。

于定国が丞相となり、その子于永御史大夫となっている。(二世代にわたる三公である。西漢では丞相・大司馬・御史大夫を三公と称していた。)