利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

鄧遐

鄧遐,字応遠。勇力絶人,気蓋当時。時人方之樊噲。治郡号為名将。

為襄陽太守,城北沔水中有蛟,常為人害,遐遂抜剣入水。蛟繞其足,遐揮剣截蛟,流血,江水為之倶赤。因名曰“斬蛟渚”,亦謂之“斬蛟津”。