利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

胡烈

胡烈武賢という。咸煕元年(二六四)、荊州刺史になり恩恵による教化を施した。壊れた堤防を修理すると、民衆はその成果を頼りにした。石碑の銘に言う。「美しきかな明后雋哲にして惟嶷たり。乾坤陶広周・孔周公・孔子)これなり。わが武は播揚し、威は遐域に振るう。春の陽にし、冬の日の如し。耕す者はを譲り、百姓は豊溢す。ああ、わが胡父(胡烈)、恩恵置き難し。」