利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

向朗

向朗,字巨達,襄陽宜城人。少師事司馬徳操,与徐元直・韓徳高・龐士元皆親善。劉表以為臨沮長。

表卒,帰先主,為巴西・牂牁・房陵太守。及後主立,為歩兵校尉・丞相長史。

朗素与馬謖善,謖(既)[逃]亡,(明)[朗]知情不挙,遂因之免官。[丞相]亮卒後,徙左将軍;追論前功,封顕明亭侯。

朗少時雖渉猎文学,然不治素撿,以吏能見称。自去長史,優游無事垂(三)[二]十年,乃更潜心典籍,孜孜不倦。年逾八十,猶手自校書,刊定謬誤,積聚篇巻,於時見称。上自執政,下至童冠,皆敬重焉。

延(禧)[煕]十年卒,遺言戒子曰:“《伝》称‘師克在和不在衆’。此言天地和則万物生,君臣和則国家平,九族和則動得所求,静得所安。是以聖人守和,以存以亡也。吾,[楚国之小子耳,而]早喪所天,為二兄所誘養,使其性行不随禄利以堕。今唯貧耳,貧非人之患也,唯和為貴。汝其勉之!”