利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

楊慮 許汜

楊慮威方といい、襄陽の人である。若くして徳行を修め、沔南では最高の人物であった。州郡の手厚い礼儀、諸公のお招きの命令のいずれでも、(彼を)屈服させられなかった。十七歳にして夭折した。門徒の数百人は、彼の徳義規範を尊敬して「徳行楊君」と呼んだ。

許汜は楊慮と同じ里の人である。若くして楊慮に師事し、魏武曹操)の従事中郎となった。劉表の催した酒宴で、劉備と一緒に陳元龍陳登)を論評したのは、この人である。

楊慮の弟が楊儀である。