利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

蔡瑁

蔡瑁徳珪といい、襄陽の人である。性格は豪壮で自負心が強かった。

若いころは魏武曹操)に可愛がられた。劉琮が敗北すると、武帝(同上)は彼の邸宅を訪れて蔡瑁の私室に入り、彼の妻子を呼んでから蔡瑁に言った。「徳珪よ、覚えているかい。むかし一緒に梁孟星梁鵠)に会いに行ったのに孟星が会おうとしなかったことを。今ここに来ているそうだが、何の面目あってに顔を合わせられるんだろうね!」当時、蔡瑁の邸宅は蔡洲のほとりにあり、造りは非常に立派で、四方の垣根はみな青石でもって角を作っていた。婢妾は数百人もおり、(田地は)別に四・五十ヶ所もあった。

漢末は、蔡氏たちの最盛期である。蔡諷は姉を太尉張温に嫁がせ、長女を黄承彦の妻とし、末女を劉景升劉表)の後妻とした。(末女は)蔡瑁の姉にあたる。蔡瓚は字を茂珪といい、国のとなり、蔡琰は字を文珪といい、巴郡太守となった。(彼らは)蔡瑁の従兄弟にあたる。永嘉年間(三〇七~三一三)の末期、彼らの子孫はまだ裕福、一族は大変強力で、一緒に蔡洲のほとりに立て籠もっていたが、草賊の王如に殺されて一族は全滅した。現在ではもう蔡を姓とする者はいなくなっている。

蔡瑁は、劉表の時代に江夏・南郡・章陵太守鎮南大将軍軍師となった。そして魏武の従事中郎司馬長水校尉・漢陽亭侯となる。魏武は旧知として彼を待遇したのであるが、当時の人々には蔑まれた。彼が劉琮を助けて劉琦を貶めたのが咎められたのである。

魏文曹丕)は『典論』を作り、蔡瑁を引き合いに出して結びの言葉とした。「劉表の長子を劉琦と言った。劉表ははじめ彼を愛し、自分に似ていることを褒めていた。しばらくして、末子劉琮のために後妻として蔡氏の姪を娶り、ついに劉琮を愛して劉琦を憎むようになった。蔡瑁および外甥張允はそろって劉表の寵愛を手に入れ、また劉琮とも仲が良かった。劉琮に善行があれば、どんなに些細なことでも必ず知らせ、過失があれば、どんなに深刻なことでも必ず隠した。蔡夫人は室内にいて美挙を称え、張允・蔡瑁は室外にいて人徳を唱えた。愛情と憎悪はそれが基準になり、劉琦はますます遠ざけられていった。そこで江夏太守に出向させて、外部にあって軍事を監督させたのだ。蔡瑁・張允はこっそり彼の過失を探り、事あるごとに彼を貶めた。美点はそれが顕著であっても掩蔽しないことはなく、欠点はそれが微少であっても暴露しないことはなかった。こうしたことから(劉表の劉琦に対する)憤怒の顔色は日ごとに表れ、難詰の言葉は日ごとに届けられた。そして結局、劉琮が後継者になったのである。昔から『受難は仲違いから生まれ、寵愛は近習から出てくる』というのは、このことではないか!穆公の側に人がいなければ、泄柳・申詳はその身の安全を得られなかった。君臣でさえそうした有様だったし、父子もまたこの通りだ!」

のちに劉表が病気にかかったとき、劉琦は慈悲孝行の人だったので、病気見舞いのために帰還した。蔡瑁・張允は、彼を劉表に会わせてしまうと、(劉表が)父子の情を起こし、改めて後事を託すのではないかと恐れ、「将軍は貴君に江夏を鎮撫させて、東方の藩塀となさいました。その責任はいたって重いものです。いま軍勢を放って来られたからには、必ずやお怒りを蒙ることになりましょう。父親としての愛情を傷付けて、その病気を悪化させることは親孝行ではありませぬぞ」と言い、(劉琦を)戸外へ押しとどめて会わせないようにした。劉琦は涙を流しながら立ち去ったが、人々はそれを聞いて痛ましく思った。劉表が卒去すると劉琮が後継者に立ち、侯の印を劉琦に授けた。劉琦は怒って(印を)投げ捨て、葬儀への参列を口実に蔡瑁・張允を討ちはたそうと考えた。ちょうどそのとき官軍が郊外まで迫ったので、劉琮は一州をこぞって降服し、劉琦は江南へと出奔した。