利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

王延寿

王延寿文考という。『霊光殿賦』を作った。蔡邕もまたそのようなを作ろうとしていたが、まだ完成しないうちに(彼の作品を)見て、あまりの素晴らしさに驚き、とうとう草稿を捨ててしまった。(延寿は)あるとき奇怪な夢を見たことがあり、それを不快に思い、『夢賦』を作って自分を励ましたが、のちに溺れて死んだ。

王延壽

王延壽,字文考。作《靈光殿賦》。蔡邕亦造此賦,未成,及見甚奇之,遂輟翰。曾有奇夢,惡之,作《夢賦》以自勵。後溺死。