利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

王逸

王逸叔師といい、南郡宜城の人である。元初年間(一一四~一二〇)、上計吏に推挙されて校書郎となり、昇進を重ねて侍中になった。著書の『楚詞章句』は世間に流行した。彼の賦・誄・論および雑文は合わせて二十一篇ある。『漢詩』百二十三篇を作った。子が王延寿である。

王逸

王逸,字叔師,南郡宜城人。元初中,擧上計吏,為校書郞。累至侍中。著《楚詞章句》行於世。其賦﹑誄﹑論及雜文凡二十一篇。作《漢詩》百二十三篇。子延壽。