利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

習温

習温,識度広大。歴長沙・武昌太守,選曹尚書,広州刺史。従容朝位三十年,不立名迹,不結権豪。飲酒一石乃酔。有別業在洛上,毎休沐常宴其中。

長子宇,執法郎,曾取急(趨)[帰],車乗道従甚盛。温怒,杖[宇,責]之曰:“吾聞生於乱世,貴而能貧,始可以亡患,況復以侈靡竟乎!”

潘濬見温十数歳時,曰:“此児名士,必為吾州里議主。”勅子弟与善。[温]後果為荊州大公平。

[及至晋朝,以江表始通,人物未悉,使江南別立大中正,人沿称]大公平,今之州都。

潘秘過,辞於温,曰:“先君昔(因)[曰]君侯当為州里議主,今果如其言。不審州里誰当復相代者?”温曰:“無過於君也。”後秘為尚書僕射;[先是]代温為公平,甚得州里之誉。