利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

周泰伝

周泰幼平といい、九江下蔡の人である。蔣欽とともに孫策に随従して左右(側近)となり、仕事ぶりは慎ましやかであった。しばしば戦場で功績を立てる。孫策が会稽入りすると別部司馬に任じられ、軍勢を授かった。孫権は彼の人柄を愛して当方で世話したいと申請した。孫策が県の山賊を討伐したとき、孫権は宣城に住まいしており、千人足らずの兵士たちに護衛を委ね、心構えは粗略なもので防壁の修繕もしていなかった。そこへ山賊数千人が突如として来襲してきた。孫権がようよう馬に跨ったときには、もう賊徒どもの矛先が左右に飛び交っている有様、その中の一人が(孫権の)馬の鞍を斬り付けたほどであった。軍中でもよく自制心を保ちえた者はおらず、ただ周泰だけは奮撃して、身を投げうって孫権を守護した。勇気は人一倍であり、左右の者たちも周泰のおかげで戦闘に復帰することができた。賊徒どもが退散したころには全身に十二ヶ所もの傷を被っており、長い時間が経ってようやく蘇生した。この日、周泰がいなければ孫権はまず助からなかったであろう。孫策はいたく彼に感謝して、春穀県長に補任した。のちに城攻略および江夏討伐に従軍し、凱旋途中で予章に差し掛かったとき、改めて宜春の県長に補任されたが、いずれの任地においても現地の租税をんだ。

黄祖討伐に従軍して功績を立て、のちに周瑜・程普とともに赤壁にて曹公曹操)を防ぎ、南郡にて曹仁を攻めた。荊州が平定されると軍勢を率いてに屯する。曹公が濡須に侵出してくると周泰はまた攻撃に赴き、曹公が撤退したあともそのまま残って濡須のとなり、平虜将軍を拝命した。そのころ朱然・徐盛らが部下に配属されていたが、いずれも服従しようとはしなかった。孫権はわざわざ軍中視察の名目で濡須塢を訪れ、諸将を集めて盛大に酒宴を催した。孫権はみずから酌をして回り、周泰の前まで来ると着物を脱ぐよう命じ、彼の傷痕を指差しながら理由を訊ねると、周泰はそのつど昔の戦闘を思い出しながら訳を話した。(一通り説明が)終わると、また衣服を着けさせ、夜更けまで飲食を楽しんだ。その翌日、使者をやって御蓋を授けた。[一]こうしたことがあって、徐盛らもすっかり服従するようになった。

[一] 『江表伝』に言う。孫権は彼の腕を取って涙を流しながら連(列)を交え、彼を字で呼びつつ言った。「幼平どの。たち兄弟のために生命さえ惜しまず熊虎の如く戦ってくれた。数十ヶ所に傷を被り、皮膚は彫刻のようだ。孤がどうして卿を骨肉の恩愛でもって待遇し、卿を兵馬の重任でもって委任せずにいられようか!卿はの功臣だ。孤は卿と栄誉も恥辱も同じくし、喜びも悲しみも等しくしたい。幼平どのは快くそれを受け入れてくれよ。寒門だからといって辞退しないでくれよ。」その場で勅命を発し、自分が常用していた御幘と青色の縑蓋を下賜した。宴が果てて馬車に乗ったとき、周泰に兵馬でもって先導させて出発することとし、(彼に)太鼓や角笛を鳴らせて鼓吹とした。

のちに関羽を打ち破ったとき、孫権は進撃してを攻略しようと思っていたので、周泰を漢中太守奮威将軍に任じ、陵陽侯に封じた。黄武年間(二二二~二二九)に卒去した。

子の周邵騎都尉として(父の遺した)軍勢を領し、曹仁が濡須に侵出してきたとき戦場で功績を立て、さらに曹休攻めに従軍し、官位は裨将軍に進んだ。黄龍二年(二三〇)に卒去し、弟の周承が軍勢を領して侯位を襲った。