利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

程普伝

程普徳謀といい、右北平土垠の人である。はじめ州郡の役人であったが、容貌と計略の持ち主で、応対が立派だった。孫堅の征伐戦に従軍して宛・鄧黄巾賊を討伐し、陽人では董卓を撃破、攻城でも野戦でも(先頭に立って戦ったので、)我が身に傷を被った。

孫堅が薨去すると、また孫策に随伴して淮南に身を置き、廬江攻めに従軍してこれを陥落させた。凱旋ののち(孫策と)一緒に(長江の)東岸へ渡った。孫策は横江・当利に着陣するなり張英・于麋らを打ち破り、転戦して秣陵・湖熟・句容・曲阿を攻め落としたが、程普が全ての戦いで武功を立てていたので、軍勢二千人・騎馬五十匹を加増してやった。進軍して烏程・石木・波門・陵伝・余杭を打ち破ったが、程普の戦功は多大であった。孫策は会稽入りすると、程普を呉郡都尉として銭唐において統治させた。のちに丹陽都尉へ異動となり、石城に在城した。また宣城・涇・安呉・陵陽・春穀の賊徒どもを討伐し、全て打ち破った。孫策が祖郎を攻撃したとき、厳しく包囲されたことがあったが、程普は騎兵もう一人とともに孫策を守護しつつ、馬を飛ばして大喝し、矛を手に賊軍に突進すると、賊ども(の包囲)が解けてきたので、孫策はこれに続いて脱出した。のちに盪寇中郎将を拝命して零陵太守を領した。尋陽における劉勲討伐に従軍し、沙羨へ進軍して黄祖を攻撃し、凱旋して石城を固めた。

孫策が薨去すると張昭らとともに孫権を輔弼し、三つの郡を駆けめぐって服従せぬ者どもを討ち平らげた。さらに江夏征討に従軍したが、帰還途中、予章から別働隊として楽安を討伐し、楽安が平定されると太史慈の後任として海昏を守った。周瑜とともに左右のとなり、烏林において曹公曹操)を打ち破り、さらに南郡へ進攻して曹仁を敗走させた。裨将軍を拝命して江夏太守を領し、沙羨で統治を執り、四県をんだ。

最初に出仕した諸将の中でも、程普が一番の年かさであったので、当時の人々はみな程公と呼んでいた。施しを好み、士大夫を敬うといった人柄であった。周瑜が卒去すると、後任として南郡太守を領した。孫権が荊州を分割して(南郡を)劉備に与えたため、程普は引き揚げてまたも江夏を領した。盪寇将軍に昇進し、卒去した。[一]孫権が尊号を称したとき、程普の功績をさかのぼって取り上げ、子の程咨亭侯に封じた。

[一] 『呉書』に言う。程普は叛逆者数百人を殺し、全てを火中に投げ込ませた。その日のうちに癩病にかかり、百日余りして卒去した。