利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

董卓伝

董卓仲穎といい、隴西臨洮の人である。[一]若いころから義俠を好み、あるとき族の里へ行き、豪族たちと一人残らず交わりを結んだ。のちに田野を耕すため帰郷しようとすると、豪族のうちには後から付いてくる者もあったので、董卓は彼らとともに帰り、農耕牛を殺して一緒に酒宴を楽しんだ。豪族たちはその心意気に感銘し、帰国してからさまざまな家畜を互いに出し合い、千頭余りになったので、それを董卓への贈り物とした。[二]桓帝劉志)の末期、六郡の良家の子ということで羽林郎となった。董卓は才能・武勇の持ち主であり、膂力で太刀打ちできる者は少なく、二つのを身に帯びて左右に馳せながら弓を射た。軍司馬として中郎将張奐幷州征討に従軍し、功績を立てて郎中を拝命、練り絹九千匹を賜ったが、董卓は全て官吏・兵士に分け与えてしまった。広武県令蜀郡北部都尉西域戊己校尉と昇進していったが、罷免された。中央に徴し寄せられて幷州刺史河東太守を拝命、[三]中郎将に昇進して黄巾賊を討伐したが、戦いに敗れて罪を科せられる。韓遂らが涼州で挙兵したので、ふたたび中郎将となり、西進して韓遂を防いだ。望垣硤の北方にて羌族・族数万人の包囲を受け、食糧が底を突いた。董卓は魚を捕るふりをして退路を堰きとめ、川の渡し場を池に変えて周囲数十里に水を湛えた。密かに堰の下から自軍を通し、それから堰を決壊させた。羌族・胡族が気付いて追いかけてきたころには、もう水位が高まっていて渡ることができなかった。このとき六手の軍勢が隴西に攻め上ったが、五手が敗北し、董卓だけが人数を損ねることなく帰還し、扶風に駐屯した。前将軍を拝命して斄郷侯に封ぜられ、徴し寄せられて幷州となった。[四]

[一] 『英雄記』に言う。董卓の父董君雅は、低い官職から潁川綸氏県尉となった。三人の子があり、長子の董擢は字を孟高といったが、早くに卒去した。次子が董卓で、董卓の弟董旻は字を叔穎といった。

[二] 『呉書』に言う。郡は董卓を召し出して役人とし、盗賊を仕切らせた。あるとき胡族が侵入して数多くの民衆を拐かしたので、涼州刺史成就は董卓を召し寄せて従事とし、歩騎を率いさせ討伐させたところ、それを大いに打ち破り、斬首捕虜は千人ほどもあった。幷州刺史段熲が董卓を公府三公の役所)に推薦すると、司徒袁隗が召し寄せてとした。

[三] 『英雄記』に言う。董卓は何度も羌族・胡族を討伐し、前後して百回以上も戦った。

[四] 『霊帝紀』に言う。中平五年(一八八)、董卓を徴し寄せて少府とし、麾下の官吏・兵士を伴って左将軍皇甫嵩の指揮下に入り、行在所に参詣せよとの詔勅が下された。董卓は上奏して述べた。「涼州は混乱して鯨のごとき巨悪はいまだ滅びず、これこその発奮して命を捨てるでございます。官吏兵士は勇躍して御恩を思っては恩返しを願い、おのおのが臣の馬車を遮り、声音は懇々と真心がこもっておりますので、いまだ帰途に就くことができませぬ。しばし行前将軍事として誠意を尽くして(彼らの)慰安に当たり、軍務に尽力いたしたく存じまする。」六年、董卓を幷州牧とし、官吏・兵士を皇甫嵩に引き継がせるよう重ねて詔勅を下した。董卓はまたも上奏して言った。「臣が兵事に携わって十年、士卒どもは老若を問わず仲睦まじくなって久しく、臣が養育した恩恵を慕い、国家の御為に緊急の命令にも奮起して応えたいものと願っております。なにとぞ州への着任と辺境での尽力をお許しくださいますよう。」董卓は二度までも詔勅に違背したのであるが、ちょうどそのとき何進に召し寄せられた(ので、処罰されることはなかった)。

霊帝劉宏)が崩御して少帝劉弁)が即位した。大将軍何進司隷校尉袁紹とともに宦官たちを誅殺せんと謀議したが、太后が聞き入れなかった。何進はそこで董卓を召し寄せて軍勢を率いて京師へ参詣させるとともに、密かに以下のごとく上書させた。「中常侍張譲らはご寵愛を利用して海内を混乱させております。むかし趙鞅晋陽の武装兵を起こして君側の悪を駆逐いたしました。臣は速やかに鐘鼓を鳴らしつつ洛陽へ赴き、ただちに張譲らを討伐いたします。」こうして太后を脅迫するつもりだったのである。董卓が到着する以前に何進は敗北した。[一]中常侍段珪らは帝を人質に取って小平津へ逃れた。董卓はそのまま軍勢を率いて北芒にて帝を迎え入れ、宮殿に帰還した。[二]ときに何進の弟である車騎将軍何苗が何進の手勢に殺されたため、[三]何進・何苗の部曲は所属先を失い、みな董卓のもとへ参詣した。董卓はさらに執金吾丁原呂布に殺させ、その軍勢を併合した。こうして京都の兵権はただ董卓だけが持つことになった。[四]

[一] 『続漢書』に言う。何進は字を遂高といい、南陽の人であり、太后の異母兄にあたる。何進は本来、屠殺夫の家の子で、父を何真といった。何真の死後、何進は黄門の世話で妹を掖庭に入れてもらい、(妹が)寵愛を得て、光和三年(一八〇)に皇后に立てられた。何進はそれによってご寵愛の貴人になったのである。中平元年(一八四)、黄巾賊が蜂起したので、何進を大将軍に任命した。 『典略』に載せる董卓の上表に言う。「臣が伏して思いまするに、天下に絶えず叛逆が起こるのは、みなみな黄門常侍張譲らが天道を侮って王命に操作を勝手に加え、父子兄弟がみな州郡に居すわり、一たび手紙を出せばたちまち千金を手に入れるという有様で、近畿諸郡の肥沃な美田数百万頃がみな張譲らの手に落ちているからなのでございます。こうして(人々の)怨恨が募り、妖賊が蜂起するに至ったのであります。臣がかつて詔勅を奉じて於夫羅を討伐いたしましたおり、将兵は飢えに苦しんで川を渡ることを承知せず、みな口々に、京師に参詣してまず宦官どもを誅殺し、民衆の害毒を取り除いて台閣へ資金を請求したい、と申しておりました。臣がなだめなだめながらようやく新安に着いたものです。湯を持ち上げて沸騰を止めるのは薪を抜いて火を消すほどのことでなく、腫れ物を潰すのは痛くとも肉を培養するよりはましだ、と臣は聞いております。溺れてから船を呼び、後悔しても間に合わないのでございます。」

[二] 張璠の『漢紀』に言う。帝は八月庚午に黄門たちの人質となり、穀門から歩いて出てゆき、黄河のほとりまで逃れた。黄門たちは黄河に身を投げて死んだ。ときに帝は十四歳、陳留王劉協)は九歳であった。夜中、兄弟二人だけで歩いて宮殿に帰ろうとした。暗闇のさなか蛍の火を追いながら歩き、数里先で民家を見付け、露車で送り出された。辛未、公卿以下、董卓とともに北芒の坂の下にて帝を出迎えた。 『献帝春秋』に言う。それ以前のこと、童謡の文句にこうあった。「侯は侯でなし、王は王でなし。千乗の車、万騎の馬が北芒に走る。」董卓はちょうど到着したばかりで顕陽苑に屯していたが、帝が帰ってくると聞き、軍勢を率いて帝を出迎えに行った。 『典略』に言う。董卓の軍勢を遠目に見るなり帝が涙を流したので、公卿たちは董卓に「兵を退けとの詔勅だ」と告げた。董卓は「貴公らは国家の大臣でありながら王室を是正することもできず、挙げ句、国家を流浪させてしまった。兵を退けとは何事か!」と言い、そのまま連れ立って入城した。 『献帝紀』に言う。董卓は帝と語り合ったが、会話がよくからなかった。そこで改めて陳留王と語り合い、混乱の起こった理由を訊ねたところ、陳留王の返答は、終始、抜かりないものであった。董卓はいたく喜び、以来、廃立の企みを持つようになったのである。 『英雄記』に言う。河南中部掾閔貢が帝と陳留王を先導して都を目指し、雒舎で宿泊した。一匹の馬には帝が一人で乗り、一匹の馬には陳留王と閔貢とが一緒に乗り、雒舎から南へと出発した。公卿百官が北芒の坂の下で奉迎し、太尉崔烈が先導した。董卓が歩騎数千人を率いて出迎えに来ると、崔烈は怒鳴って退けようとした。董卓は崔烈を罵って「昼夜通して三百里もやって来たものを、なにゆえ退けなどと言うか。が貴卿の頭を斬れぬと?」と言い、帝のもとに進み出て拝謁し、「陛下が常侍・小黄門どもに混乱を起こさせ、このような有様になったのでございます。災難を招いた責任は小さくありませんな?」と述べ、また陳留王のもとへ走り寄って「我が董卓でございます。我がお抱えして参りましょう」と告げ、閔貢の懐から陳留王を取り上げた。 『英雄記』に言う。ある本では、陳留王が董卓の抱擁を拒んだので、董卓は陳留王と轡を並べて馬を進めた、という。

[三] 『英雄記』に言う。何苗は太后の同母兄で、(何真の)死んだ妻氏の子である。何進の部曲将呉匡は、日ごろから何苗が何進に同心せぬことを残念がっていたが、そのうえ彼が宦官と通謀しているのではないかと疑い、そこで軍中に命じて言った。「大将軍を殺したのは車騎将軍であるぞ。」そのまま手勢を率いて董卓の弟董旻とともに朱爵門の下で何苗に攻撃をかけて殺した。

[四] 『九州春秋』に言う。董卓は洛陽入りした当初、歩騎合わせても三千人に過ぎず、手勢の少なさのために遠近を屈服させられないのが悩みの種であった。ほぼ四・五日ごとに、夜中、手勢を四方の城門から出し、翌日、や鼓を連ねて入城させ、「西方の軍勢がまたも洛陽入りしたぞ」と喧伝させた。人々は(からくりに)気が付かず、董卓の軍勢は数え切れぬほどだと思った。

それ以前、何進は騎都尉である太山鮑信を派遣して各地で兵士を募集させていた。帰洛したとき、鮑信は袁紹に向かって「董卓は強力な軍勢を擁してよからぬ野心を抱いております。いま早々に片付けておかねば身動きを封じられる羽目になりますぞ。到着したばかりの疲労に付け込んで襲撃すれば、生け捕りにすることもできましょう」と告げたが、袁紹は董卓を恐れて行動しようとしなかった。鮑信はそのまま郷里へ帰っていった。

このとき長らく雨が降らなかったということで、司空劉弘を罷免して董卓をその後任とし、いきなり太尉に昇進して仮節鉞となり、虎賁(近衛兵)を貸与された。ついに帝を廃して弘農王とし、ほどなくして、さらに弘農王および何太后を殺した。霊帝の末子陳留王を擁立したが、これが献帝である。[一]董卓は相国に昇進して郿侯に封ぜられ、拝謁のとき名乗らず、剣履のまま昇殿することが許され、さらに董卓の母を池陽君に封じて家令・家丞を設置した。董卓は最初に精兵を率いて到来したとき、ちょうど王室の大混乱に遭遇したため、思う存分、廃位擁立することができたのである。兵器庫の甲冑や武器、国家の珍宝を押さえたことで、威光は天下を震わせた。董卓の人柄は残忍不仁であり、厳酷な刑罰によって人々を脅し、睚眦の恨みには必ず報復したため、人々は我が身を守ることさえできなかった。[二]あるとき、軍勢を陽城に派遣したことがあった。ちょうど二月のの時期にあたり、領民たちがそれぞれ社の下に集まっていたが、(董卓の手兵は)一斉に走り寄ってそれらの男子の首を斬った。彼らの車や牛に乗って婦女・財物を搭載し、切り落とした首を車軸に繋ぎ、車体を連ねて帰洛すると、賊軍を攻撃して大勝利を得たぞと言い、万歳を称えた。開陽城門に入ると、その首を燃やし、婦女は女中や妻妾として甲兵に与えた。挙げ句の果てには宮女や公主を強姦するに及び、董卓の凶悪さはこれほどであった。

[一] 『献帝紀』に言う。董卓は皇帝廃位を目論み、羣臣を朝堂に集めて提議した。「大なるは天地、次なるは君臣、それが統治をなす所以である。ただいま皇帝は闇弱であり、宗廟を奉り、天下の主たるに不足しておる。伊尹・霍光の故事にならって陳留王を擁立しようと思うが、どうであろう?」尚書盧植が言った。「『尚書』を検討いたしますると、太甲は即位したのち聡明でなければこそ伊尹はこれを桐宮に放逐いたし、昌邑王は即位二十七日にして一千余りの罪過を犯し、それゆえ霍光はこれを廃位したのでございます。今上陛下は御歳も長けて過失もなく、過去の事件と比較することはできませぬ。」董卓は腹を立てて中座し、盧植を誅殺せんと計画したが、侍中蔡邕が取りなしたのでようやく許された。九月甲戌、董卓はふたたび羣臣を盛大に集め、言った。「太后が永楽太后を逼迫して憂死させたのは、婦姑の礼に逆らうものであり、孝順の節も備えておらぬ。天子はずっと幼稚なままで、軟弱に過ぎて君主たりえない。むかし伊尹が太甲を放逐して霍光が昌邑を廃位したことは、典籍に明らかであり、いずれも善事だと評価されておる。いまこそ太后を太甲と同等、皇帝を昌邑と同等に扱うべきだ。陳留王は仁慈孝悌であるゆえ、皇帝の国祚に就かせるのが宜しかろう。」 『献帝起居注』に載せる辞令に言う。「孝霊皇帝(霊帝劉宏)はご先祖の眉寿(長寿)の形質を充分には受け継がれず、早くも臣子をお棄てになられた。皇帝が皇統を継承したとき、海内はこぞって希望を寄せた。しかるに帝は天性の軽薄者であり、威儀は定まらず、喪中にありながらだらしなく、衰如故焉★;背徳はすでに明らか、淫乱は広く知られており、神器を辱めて宗廟を汚すものである。皇太后の教導も母としての威厳を欠いており、ご政道は乱れすさんだ。永楽太后はにわかに崩御され、衆論はこれに疑念を抱いている。(君臣・父子・夫婦の)三綱の道は天地の定めである。よって過失があるならば、その罪は重大である。陳留王協は聖徳うるわしく、所作はおおらか、下は豊かに上はく、の肖像画の面影がある。服喪中は哀しみを極め、言葉は邪悪なものごとに及ばず、ご幼少より聡明な性質には成王のごとき美風が備わっている。めでたくうるわしいご評判は天下の知るところであり、大いなる事業を継承して万世の皇統をなし、宗廟を継承されるべき御方である。皇帝を廃位して弘農王とする。皇太后は政権を返還せよ。」尚書が書面を読み終えたとき、羣臣のうちにも言葉を発する者はなかった。尚書丁宮が述べた。「天は漢室に災禍を下したまい、衰退混乱はあまねく広がりました。むかし祭仲を廃してを立てましたが、『春秋』はその臨機応変を大きく評価しております。ただいま大臣たちは社稷のため最善策を講じており、まこと天人の合致するところであります。万歳の斉唱をお許しくださいますよう。」董卓は太后が廃位されたのを理由に公卿以下の喪服着用を許さず、会葬の際にも白衣を着けただけであった。

[二] 『魏書』に言う。董卓の欲望は果てしなく、賓客に向かって「我の人相はこの上なく尊貴であろうが」と語ることもあった。 『英雄記』に言う。董卓は威光を震わせたく思っており、侍御史擾龍宗が董卓のもとへ報告に来たとき剣を帯びたままだったので、その場で殴り殺した。京師は震えおののいた。何苗の棺をあばいて亡骸を引き出し、四肢を解体して節、道ばたに投げ棄てた。また何苗の母である舞陽君を逮捕して殺し、死体を御苑にあるの生垣の中へ投げ棄て、回収して葬られることは二度となかった。

当初、董卓は尚書周毖城門校尉伍瓊らを信任し、彼らの推挙した韓馥・劉岱・孔伷・張資・張邈らを登用して州郡を宰領させていた。ところが韓馥らは官職に就くなり、みな軍勢を糾合して董卓を討とうとした。董卓はそれを聞いて、周毖・伍瓊らが通謀して自分を売り渡したのだと思い、みな斬殺した。[一]

[一] 『英雄記』に言う。周毖は字を仲遠といい、武威の人である。伍瓊は字を徳瑜といい、汝南の人である。 謝承の『後漢書』に言う。伍孚は字を徳瑜といい、若くして立派な節義があり、郡の門下書佐になった。彼の故郷の邑長が罪を犯したので、太守は伍孚に文書を発行させ、部下にあたる督郵にそれを逮捕させた。伍孚は命令書の受け取りを拒絶し、地面に伏せて諫言した。「主君が主君らしくなくとも、臣下は臣下らしくない態度は取らないものです。明府は、どうして伍孚に命令書を下して故郷の邑長を逮捕させようとなさるのですか?どうか他の役人にお申し付けくださいませ。」太守は立派なことだと思って、それを聞き入れた。のちに大将軍何進に召されて東曹属となり、次第に侍中・河南尹・越騎校尉と昇進していった。董卓が混乱を起こすと百官は震えおののいたが、伍孚は小さな鎧を着込み、朝服の下に佩刀を忍ばせて董卓に会い、隙を見て彼を刺し殺そうと考えた。語り合いがわってから辞去を告げ、董卓が彼を(小門)の下まで見送ったとき、伍孚は刀を取り出して彼を刺した。董卓は力持ちであったうえ身をかわしたので、命中しなかった。即座に伍孚を逮捕して、董卓が「貴卿は謀反するつもりか?」と言うと、伍孚は大声で「の主君ではないし、吾は汝の臣下ではない。どこに謀反など存在するのだ?汝が国家を混乱させ、主君を簒奪した罪悪は絶大である。いまこそ吾の死ぬ日だ。だから姦賊を誅殺しにやってきたのだ。汝を市場で車裂きにして天下に謝罪できなかったのが残念だよ!」と叫んだ。こうして伍孚は殺されてしまった。 謝承の記す伍孚の字および本郡は伍瓊と同じである。しかし死に至るまでの経緯が伍孚とは違っている。伍孚が伍瓊の別名なのか、それとも別に伍孚という人物がいたのか分からない。明らかでないようである。

河内太守王匡泰山兵を河陽津に屯させ、董卓を片付けようとした。董卓は囮部隊に平陰から渡河するふりをさせつつ、密かに精鋭部隊を小平から北岸へ渡し、彼らの背後へ回り込んで攻撃をかけ、渡し場の北側で大破した。(王匡勢は)ほとんど全員が死亡した。董卓は山東の豪傑たちが一斉蜂起したことが恐くて落ち着かなかった。初平元年(一九〇)二月、ついに天子を移して長安へ遷都した。洛陽の宮殿を焼き払い、ことごとく陵墓を掘り起こして宝物を奪い取った。[一]董卓は西京(長安)に到着すると太師となり、「尚父」と号した。青蓋金華車に乗り、の両側に爪画があって、当時の人々は「竿摩車」と呼んだ。[二]董卓の弟董旻は左将軍となり、鄠侯に封ぜられ、兄の子董璜侍中・中軍校尉として兵権を握り、内外の一族がそろって朝廷に居並んだ。[三]公卿は董卓を見かけると車の下まで行って拝礼したが、董卓の方では返礼をしなかった。(董卓が)三台を召し寄せたときは、尚書以下がわざわざ董卓の(役所)へ出向いて報告をした。[四]郿塢を築いたが、高さは長安の城壁ほどにもなり、食糧を集積して三十年分を貯え、[五]「事業が成功すれば天下を大きく占拠できようし、成功しなくともこの地を守ったまま老いを全うできよう」と言っていた。あるとき郿塢まで出かけて行くことになり、公卿以下が横門の外で送別会を催したことがあった。横の音は光(コウ)。董卓はあらかじめ幔幕を張って飲んでいたが、降服した北地の謀反人数百人を呼び入れ、座中においてまず彼らの舌を切断しておき、手足を斬り落としたり、あるいは目玉をくり抜いたり、あるいは大鍋で煮たりした。まだ死にきれずに飯台のあいだで転げ回るので、列席者はみな震えおののいてや箸を取り落とした。しかし董卓は平然として飲み食いしていた。太史が気を観察して「大臣のうち刑死する者がありましょう」と言上した。故の太尉張温はこのとき衛尉であったが、もともと董卓と仲が悪く、董卓は内心、彼を怨んでいた。天気に異変が起こったので災禍を防ごうと考え、張温が袁術と交流していると人に言上させて笞で打ち殺した。[六]法令は苛酷であって、愛憎による刑罰が氾濫し、互いに誣告しあったために冤罪で死ぬ者が千人を数えた。百姓たちは怒鳴りながら路上で睨み合った。[七]銅人・鍾虡を残らず叩き壊し、ついで五銖銭をつぶした。改めて小銭を鋳造したが、大きさは五分、文章はなく、に輪郭はなく、研磨もされていなかった。そのため貨幣価値は下がって物価が高騰し、食糧一斛が数十万銭にも上った。これより以降、貨幣は流通しなくなってしまった。

[一] 華嶠の『漢書』に言う。董卓は長安へ遷都しようと思い、公卿以下を召し出して大会議を催した。司徒楊彪が言った。「むかし盤庚は五たび遷都いたしましたので、の民衆はいに怨みました。それゆえ『三篇』を作って天下の民への模範としたのでございます。るに海内は安穏としておりますゆえ、理由もなく都を移してしまっては、百姓どもが驚いて騒ぎ立て、が沸いて蟻が集まるような混乱をきたす恐れがございます。」董卓は言った。「関中が肥沃豊饒であればこそはよく六国を併呑できたのである。いま西京へ遷都すれば、たとい関東の強豪のうちに行動を起こす者があったとて、我が精兵でもって威圧をかけただけで大海へと行ってもらうことができよう。」楊彪は言った。「海内を騒がせるのはいたく容易なこと、それを落ち着かせるのはひどく困難なことであります。それに長安の宮殿は破壊されており、にわかに再建することはできませぬ。」董卓は言った。「武帝劉徹)はときおり杜陵の南山のふもとに住まわれたので、瓦焼きのが数千基もある。涼州の材木を取り寄せて東下させ、それで宮殿を建造すれば、完成させるのも難しくはない。」董卓は思い通りにゆかず、さっと顔色を変えて言った。「貴公は我が計略を台無しにするおつもりか?辺章・韓約が書状を寄越して、必ず朝廷を遷都させよと言ってきている。もし大軍が来下したなら、我はもう助けてやることはできぬ。貴公はすぐさま氏とともに西行されよ。」楊彪は言った。「西方はもともと楊彪の(故郷への)道筋でございますが、天下の行く末の知れぬのが気がかりなのでございます!」会議が終わったあと、董卓は司隷校尉宣璠に命じて災害異変を理由に弾劾奏上させた。そのため楊彪は罷免された。 『続漢書』に言う。太尉黄琬・司徒楊彪・司空荀爽がともども董卓のもとに参詣すると、董卓は言った。「むかし高祖劉邦)が関中に都を定められ、十一世ののち中興されると、改めて洛陽に遷都された。光武帝(中興の主・劉秀)より今上陛下までやはり十一世になる。『石苞室讖』を検討したが、ふたたび都を長安に戻すべきだ。」座中の者たちはみな驚愕して、返答できる者はなかった。楊彪が言った。「遷都や制度改正は天下の一大事でありますゆえ、いずれも民衆の心、よき時機に基づくべきでございます。むかし盤庚は五たび遷都いたしましたので、殷の民衆は胥いに怨みました。それゆえ『三篇』を作って模範としたのでございます。かつては王莽の簒奪があって五常(五つの倫理規範)をでたらめに変えてしまいましたし、更始帝劉玄)・赤眉の乱のときには長安が燃され、百姓は殺されて人民は流浪し、百人に一人も残りませんでした。光武帝が天命をお受けになって洛邑(洛陽)に遷都されたのは、それが時宜に適っていたからでございます。ただいま聖主を即位させて漢の国祚を興隆させましたから、理由もなく宮殿・御陵を放棄なされば、百姓どもが驚愕してその意義を理解できず、糜が沸いて蟻が集まるような混乱を起こす恐れがございます。『石苞室讖』は妖しげな書、どうして信用できましょうか?」董卓は顔色を変えて言った。「公は国家の計略を台無しにするおつもりか?関東はいまや混乱して至るところで賊軍が蜂起しておる。崤函崤山・函谷関)の険固さは国家の要害、そのうえ隴右で材木を集めれば完成させるのも難しくはない。杜陵の南山のふもとには孝武帝(劉徹)の陶窯跡があり、煉瓦を作れば一晩で片付けられよう。宮殿や官庁などは論ずるまでもないだろうな!百姓や庶民のことは考えなくともよい。もしおろおろする者がおれば、我が大軍でもって駆り立ててやる。勝手なまねなどさせるものか。」百官は恐怖のあまり顔色を変えた。黄琬が董卓に告げた。「これは一大事であります。楊公の発言は熟慮を尽くしたものではございますまい!★」董卓は退出して、即日、司隷に命じて楊彪および黄琬のことを上奏させ、いずれも免官とした。御車はすぐさま西上の途に就いた。董卓の手勢が洛陽の城外百里四方を焼き払い、また彼自身も兵士を連れて南北の宮殿および宗廟・国庫・民家を焼き払ったので、城内は掃き清めたように滅ぼされた。また富豪たちを逮捕し、罪を被せて彼らの財産を没収した。無実の罪で死んだ者は数え切れないほどであった。 『献帝記』に言う。董卓は山東の兵士を生け捕りにすると、十匹余りの布に猪の脂を塗っておいて彼らの体に巻き付け、そのあと火を付けたが、最初は足から点火した。袁紹の予州従事李延を生け捕りにすると、これを煮殺した。董卓の親愛している胡人が、寵愛を鼻にかけて勝手な振る舞いをしていたため、司隷校尉趙謙に殺された。董卓は激怒して「我の可愛がっている犬でさえ他人には叱咤させたくないものだ。ましてや人間なのだ!」と言い、そこで司隷都官を召し寄せて殴り殺した。

[二] 『魏書』に言う。(竿摩とは)天子に迫るという意味である。 『献帝紀』に言う。董卓は太師になったのち、さらに「尚父」と称したく思い、それについて蔡邕に訊ねた。蔡邕は言った。「むかし(周の)武王が天命を受けたとき、太公(望)が師となり、周室を補佐して無道を討伐いたしました。だから天下は彼を尊んで尚父と呼んだのでございます。ただいま公の功徳はまこと崇高たるものでございますが、まずは関東を完全平定して御車を東方へ戻し、しかるのちご提議なさいませ。」そこで取り止めた。京師が地震に遭ったとき、董卓はまた蔡邕に訊ねた。蔡邕が「大地が動くのは陰気が盛んになり、大臣が法度を越えた結果でございます。公は青蓋の車に乗っておいでですが、遠近の者たちは適当でないと考えておりました」と答えたので、董卓はそれを聞き入れ、乗り物を黒蓋の金華車に改めた。

[三] 『英雄記』に言う。董卓の妻妾に抱きかかえられた子供もみな侯に封ぜられ、金(印)・紫(綬)をおもちゃにした。董白という名の孫娘は、そのときまだ(十五歳未満で)も差していなかったのに渭陽君に封ぜられた。城の東に縦横二丈余り、高さ五・六尺の壇を築いて、董白を青蓋の金華車に載せ、郿にいる都尉・中郎将・刺史、それに千石取りには、おのおの車に乗せて簪筆させ、董白を先導させた。壇に着いて登ると、兄の子董璜を使者として印綬を授けさせた。

[四] 『山陽公載記』に言う。かつて董卓が前将軍だったとき、皇甫嵩は左将軍であって、ともに韓遂を征討したが、どちらも頭を下げようとはしなかった。のちに董卓が少府・幷州牧として徴し返され、軍勢を皇甫嵩に引き継がせることになると、董卓は大いに腹を立てた。太師になったとき、皇甫嵩は御史中丞だったので車の下で拝礼を行った。董卓は皇甫嵩に訊ねた。「義真よ、まだ降参せぬか?」皇甫嵩は言った。「明公がここまで上りつめるとは思いも寄りませなんだ!」董卓が「鴻鵠はもとより遠大な志を抱いておるものだ。ただ燕雀がそれを知らぬだけさ」と言うと、皇甫嵩が「いえ、むかしは明公とともに鴻鵠でございましたが、今日、思いがけず鳳凰に変身されたのです」と言うので、董卓は笑って「貴卿が早々に降参しておれば、今日になって拝礼せずに済んだのだ」と言った。 張璠の『漢紀』に言う。董卓はその手を叩きながら皇甫嵩に告げた。「義真よ、恐ろしいのかね?」皇甫嵩は答えた。「明公は徳義によって朝廷を補佐されております。大いなる慶事が到来するのですから、どうして恐ろしいということがありましょう?もしもでたらめな刑罰が横行するならば、天下のみなみなが恐怖いたします。どうして皇甫嵩一人のことでございましょう?」董卓は黙りこみ、ようやく皇甫嵩と和解した。

[五] 『英雄記』に言う。郿は長安を去ること二百六十里である。

[六] 『傅子』に言う。霊帝の時代、御門に看板をかけて官職が売りに出された。それから太尉段熲・司徒崔烈・太尉樊陵・司空張温といった人々は、みな上は一千万銭、下は五百万銭を投じて三公の官職を買った。段熲はしばしば征伐により大功を立てていたし、崔烈は北方の州で重々しい名声があり、張温には傑出した才能があり、樊陵はよく時代に適合し、みな一代の名士であったが、それでも貨幣によって官位を得ていたのである。ましてや劉囂・唐珍・張顥といった連中では! 『風俗通』に言う。司隷の劉囂は、常侍たちに荷担することによって公輔(宰相)の位に昇った。 『続漢書』に言う。唐珍は中常侍唐衡の弟、張顥は中常侍張奉の弟である。

[七] 『魏書』に言う。董卓は司隷校尉劉囂に命じ、官吏民衆に孝行でない子、忠義でない臣下、清潔でない役人、従順でない弟があれば記録させ、これに該当する者があればみな誅殺し、財産物資は国庫に没収した。そのため愛憎が互いに起こり、民衆の多くが無実の罪で死んだ。

三年四月、司徒王允尚書僕射士孫瑞、董卓の将呂布が董卓誅殺を共謀した。ちょうど天子が病気から快癒したばかりだったので、未央の宮殿において盛大な宴会が催された。呂布は同郡の騎都尉李粛らに昵懇の兵士十人余りを率いさせ、制服を着けて衛士のふりをさせ、掖門を守らせた。呂布は詔書を懐中に抱いた。董卓が来ると、李粛らが董卓に殴りかかった。董卓が驚いて「呂布はどこか」と叫ぶと、呂布は「詔勅だ」と言い、そのまま董卓を殺し、三族皆殺しにした。主簿田景が董卓の死体に走り寄ったので、呂布はこれも殺した。およそ殺された者は三人、そのほか身動きする者はなかった。[一]長安の士民たちはみな互いに祝賀し、董卓に迎合していた者どもはみな獄に下されて死んだ。[二]

[一] 『英雄記』に言う。そのころ「千里ののなんと青青たることよ。十日、するもなお生ぜず」といった文句の歌が流行っていて、また「董逃の歌」なるものが作られた。また布きれに「呂」という字を書いて董卓に見せた道士もあったが、董卓はそれが呂布を指しているということに気付かなかった。董卓は宴会に参加することになると、陣営から宮殿まで歩騎を並べ、その間から朝服を着けて先導者に引かれて通った。馬が脚を止めて進まなくなったので、董卓は怪訝に思って取り止めようとしたが、呂布が行くようにと勧めるので衷甲して入った。董卓が死んだとき、日月は澄みわたり、微風さえ吹いていなかった。董旻・董璜および一族の老幼はみな郿にいて、みな(隴西へ)帰郷したが、その部下たちによって斬殺されたり射殺されたりした。董卓の母は九十歳であったが、の門まで逃げて「どうか殺さないでください」と訴えたが、即刻、斬首された。袁氏の門生故吏は、郿で亡くなった袁氏を改葬し、董氏の死体をかき集めてその傍らで焼き払った。董卓の死体を市場で晒した。董卓はもともと太っていて、膏が流れて地面に染み込んだので、草はそのため赤く染まった。死体を見張っていた役人が、日暮れ時、大きなを作り、董卓の臍に差して灯りにすると、光明は明け方まで持ち、それが何日も続いた。のちに董卓の故の部曲が焼かれた灰を収集して一つの棺の中へ収め、郿に埋葬した。董卓の塢の内部には金二・三万斤、銀八・九万斤、珠玉・綺羅錦・珍奇な品物などがあり、みな山のごとく積み上げられて数知れなかった。

[二] 謝承の『後漢書』に言う。蔡邕は王允の酒宴に列席していたが、董卓が死んだと聞いて歎息の声をもらした。王允が蔡邕を咎めて言った。「董卓は国家の大賊、主君を弑して臣下を殺したのだ。天地も助けず、神人ともに憎む輩である。貴君は王臣として代々にわたり漢朝の御恩を蒙り、これまで矛を逆しまに持つこともなかった。董卓が天誅を受けたというに、それをかえって悼むのか?」ただちに廷尉に送致させた。蔡邕は王允に陳謝した。「不忠だとしても大義は理解しております。古今の安全危険については、耳では飽きるほど聞き、口では絶えず申しておるくらいですから、どうして国家に背いて董卓に従うことがありましょう?うっかり出てしまった狂人盲目の言葉が、入ったときには憂患となりました。なにとぞ黥首(入れ墨)の刑に処して漢の史書を書き継がせてくださいますよう。」公卿たちは蔡邕の才能を惜しみ、みな揃って王允を諫めたが、王允は「むかし武帝は司馬遷を殺さなかったために誹謗の書を作らせ、後世に流布させることになった。いまや国祚は衰退の時期にあたり、兵馬は郊外にある。佞臣に筆を持たせて幼主の左右に置くことで、のちのち吾らがそろって批判を受けるようにさせてはならぬ」と言い、とうとう蔡邕を殺してしまった。 臣裴松之は思う。蔡邕は董卓の親愛任用を受けていたものの、本心では決して同調していなかったのだ。どうして董卓の姦悪が天下の害毒であることを知らぬとか、その死亡を聞けば義理として痛歎せぬといったことがあろうか(?)。たといまたそうであったとしても、王允の座中で反論するはずがない。これはおそらく謝承のでたらめな記録であろう。史遷(司馬遷)の紀伝(『史記』)は広くこの世に立派な功績を立てているのに、王允が孝武帝(武帝)は速やかに司馬遷を殺すべきだったと発言したとしている。これは識者の発言ではない。ただ司馬遷は孝武帝の過失を隠さずに正直に書いただけなのであって、どうして誹謗するつもりがあっただろうか?王允の忠義公正さは、内省してやましさがないと言うべきものであるから、もともと誹謗の恐れはなく、しかも蔡邕を殺すつもりであれば、蔡邕が死ぬべきかどうかを議論すればよいのであって、どうして自分が誹謗されることを心配して善人をむやみに殺すことなどができようか!これらはみな無理でたらめの中でもひどいものである。 張璠の『漢紀』に言う。もともと蔡邕は発言によって従えられ、名声は天下に響き、義心は志士たちを動かした。帰還してからは廷内の寵臣たちに憎まれた。蔡邕は恐怖して海浜方面に亡命し、放浪のすえ太山の氏を頼って十年が経過した。董卓は太尉になると召し出して掾とし、高第から侍御史治書とし、三日間のうちにそのまま尚書へと昇らせた。のちに巴東太守へ異動したが、董卓は侍中に任じて留めるようにと上表し、長安に到着すると左中郎将とした。董卓はその才能を重んじて手厚く待遇し、朝廷での仕事があればいつも蔡邕に草稿を用意させていた。王允が蔡邕を殺そうとしたとき、当時の名士たちの多くが彼のために弁明してやったので、王允は後悔して中止させようとした。しかし蔡邕はすでに死んでいたのである。

はじめ董卓の女婿である中郎将牛輔は別働隊を率いてに屯し、校尉李傕郭氾張済を分遣して陳留・潁川の諸県で略奪を働かせていた。董卓が死ぬと、呂布は李粛を陝へ差しむけて勅命により牛輔を誅殺しようとした。牛輔らは李粛を出迎えて戦い、李粛は弘農へと敗走した。呂布は李粛を誅殺した。[一]その後、牛輔陣営には夜中に離叛して出ていく兵士もあって、陣中は騒動になった。牛輔はみながみな叛逆したのだと思い、黄金や財宝を抱え、日ごろから目をかけていた友胡赤児ら、五・六人だけを連れて城壁を乗りこえ、黄河北岸へと渡った。赤児らはその黄金財宝に目がくらみ、(牛輔の)首を斬って長安に送り飛ばした。

[一] 『魏書』に言う。牛輔は怯えきって腰を抜かし、自分を落ち着けることができなかった。いつも軍用の割り符を持ち、傍らには鈇鑕(斬首用の斧)を置いて自分を力づけていた。来客に会うときには、あらかじめ謀反の気配があるかどうかを人相見に占わせたり、また筮竹によって吉凶を調べておき、それからやっと会うことにした。中郎将董越が牛輔を頼ってきたとき、牛輔が筮竹を使わせるとが下、が上の卦であった。占い師は言った。「火が金に勝ち、外の者が内の者を謀殺する卦でございます。」即刻、董越を殺した。 『献帝紀』に言う。占い師はつねづね董越に鞭打たれていたので、この機会を利用して報復したのである。

李傕・郭氾伝

李傕らが戻ったころには牛輔はすでに敗北しており、人々は頼りを失い、それぞれに解散して帰郷したく思った。しかし赦免の書状もなく、そのうえ長安では涼州人を一人残らず誅殺するつもりだと聞いて、恐怖のあまりなすすべを知らなかった。(そこで)賈詡の策略を採用し、そのままその軍勢を率いて西進し、行く先々で軍兵を拾い上げていった。長安に着くにんで軍勢は十万余りに達し、[一]董卓の故の部曲樊稠・李蒙・王方らと合流して長安城を包囲した。十日後に城を陥落させて城内で呂布と戦い、呂布を敗走させた。李傕らは兵士を放って長安中の老人から若者までを捕らえさせ、それを一人残らず殺し尽くしたので、(そこら中に)死体が散乱した。董卓を殺した者を処刑し、王允を市場に晒した。[二]董卓を郿に埋葬したが、暴風雨が董卓の墓を揺るがし、雨水が墓穴に流れ込んで棺を漂わせた。李傕は車騎将軍・池陽侯・領司隷校尉・仮節となり、郭氾は後将軍・美陽侯となり、樊稠は右将軍・万年侯となり、李傕・郭氾・樊稠は朝政を欲しいままにした。[三]張済は驃騎将軍・平陽侯となり、弘農に屯した。

[一] 『九州春秋』に言う。李傕らは陝にあって、みな恐怖し、急いで軍勢を抱えて自衛しようとした。胡文才楊整修はいずれも涼州の大人であったが、司徒王允とはかねてより不仲であった。李傕が叛逆すると王允は文才・整修を呼び、東行させて彼らに釈明させようとしたが、優しげな顔を作らずに「関東の鼠どもは何をするつもりなのか?貴卿らが彼らを呼びに行きなさい」と言った。そこで二人は出かけたあと、実際には兵士を集めて戻ってきたのである。

[二] 張璠の『漢紀』に言う。呂布は軍勢が敗れると、青瑣門の門前に馬をとめて王允に言った。「公よ、行きましょう。」王允は言った。「国家を安んずることこそ吾の最上の願い。それができねば身を捧げて死ぬまでだ。朝廷は幼主であり、我だけを頼りにしておられる。危難を前にして生を盗むなど、吾はいたさぬ。どうか、関東の諸公に詫び、国家のことに専念するように尽力してくれ。」李傕・郭氾は長安に入城すると南宮掖門に屯し、太僕魯馗大鴻臚周奐・城門校尉崔烈・越騎校尉王頎を殺した。官吏民衆の死者は数えきれない。司徒王允は天子を連れて宣平城の城門に上り、戦闘を避けた。李傕らは城門の下で拝礼し、地に平伏して叩頭した。帝が李傕らに言った。「卿は威信や恩恵を施してはならぬ。それなのに兵士どもを放って好き勝手なことをするとは。なにをしようとしておるのか?」李傕らは言った。「董卓は陛下に対して忠義でありましたのに、理由もなく呂布に殺されました。臣らは董卓の敵討ちをするだけで、まさか反逆をなすなどできるものではありませぬ。どうか仕事を片付けてから廷尉に出頭して処罰を受けることをお許しください。」王允は追いつめられて出てゆき、李傕に会った。李傕は王允とその妻子宗族の十人あまりを誅殺した。長安城内では老若男女、涙を流さぬ者はなかった。王允は字を子師といい、太原の人である。若いころから大いなる節義の持ち主で、郭泰は彼に会うと目をみはり、「王生は一日千里(をゆく駿馬)、王佐(王者の補佐)の才である」と言った。郭泰は先達の立場であったが、ついに彼との交わりを固めることにした。三公からそろって招かれ、予州刺史に就任すると荀爽・孔融を招いて従事とし、河南尹・尚書令と昇進していった。司徒になってからは王室の扶助を心がけ、きわめて大臣の節義にかなっていたので、天子以下、みなが彼を頼りにしたのである。董卓もまた彼を信用しきり、朝廷のことを任せたのであった。 華嶠は言う。そもそも士たる者は正道でもって立志し、策謀でもって実行し、義理でもって完成するものである。たとえば、王允が董卓を推戴しつつもその権力を切りとり、やつの隙を窺ってその罪を責めたようにだ。このとき初めて天下の困難は解除されたのであるが、元を正せば、みな忠誠心を根本としていたのだ。だから董卓を推戴しても正道を失したことにはならず、権力を切りとっても義理に背いたことにはならず、隙を窺っても詐欺を働いたことにはならないのだ。これこそ策謀が実行され義理が完成されて、かくして正道に立ちかえったということである。

[三] 『英雄記』に言う。李傕は北地の人である。郭氾は張掖の人で、一名を「」といった。

この歳、韓遂・馬騰らが軍勢を率いて長安に降服してきた。韓遂は鎮西将軍となり涼州へ帰され、馬騰は征西将軍として郿に屯することになった。侍中馬宇諫議大夫种邵・左中郎将劉範らとともに、馬騰に長安を襲撃させ、自分たちが内応して李傕らを誅殺せんと企てた。馬騰が軍勢を率いて長平観まで来たとき、馬宇らの計画は漏洩し、槐里に出奔した。樊稠が馬騰を攻撃すると、馬騰は敗走して涼州に帰っていった。あらためて槐里を攻撃すると、馬宇らはみな死んだ。そのころ三輔の民衆はまだ数十万戸もあったが、李傕らが兵士どもを放って略奪させ、城邑を攻撃させたので、人民は飢えに苦しみ、二年のあいだに互いに食らいあい、ほとんどが死に絶えてしまった。[一]

[一] 『献帝紀』に言う。このとき遷都したばかりのことで、宮人の多くが衣服を失っていた。帝は御府を開いて彼らに絹を下賜しようと思ったが、李傕はそれを望まず、「宮中には衣服がございますのに、なぜ改めて作る必要がありましょう?」と言った。詔勅を下して廐舎の馬百匹あまりを売却し、御府・大司農に二万匹の色混じりの絹を供出させると、売却した馬の利益と合わせ、公卿から貧民までのうち自立できない者たちに下賜した。李傕は「わが邸閣(食料庫)の蓄えが少のうございます」と言い、まるごと全部、自分の陣営に運びいれた。賈詡が「これは上意であらせられ、邪魔だてしてはなりませぬ」と言ったが、李傕は聞き入れなかった。

諸将は権力争いのすえ、とうとう樊稠を殺してその軍勢を吸いあげた。[一]郭氾と李傕は打ってかわって互いを疑うようになり、長安の城内で戦闘を起こした。[二]李傕は自陣へ天子を人質にとり、宮殿や城門を焼きはらって官庁で略奪を働き、乗り物や衣服、器物を残らず取りあげて自邸にしまいこんだ。[三]李傕は講和を求める使者として公卿を郭氾のもとへ行かせたが、郭氾は彼らをみな捕まえてしまった。[四]互いに攻撃すること数ヶ月、死者は万単位にも上った。[五]

[一] 『九州春秋』に言う。馬騰・韓遂が敗走したとき、樊稠が追撃して陳倉まで到達した。韓遂が樊稠に語りかけた。「天地は引っくりかえり、どうなるとも知れない。もともと争いの生じた理由は私怨によるものでなく、王家(を思えばこそ)のことなのだ。足下とは州里(故郷)の人間であり、今でこそ些細な行きちがいがあるものの、大同団結すべきと願っている。お互いに仲よく語りあってから別れよう。万が一、思いどおりの出会いにならなければ、後日、また顔合わせできるだろうか!」ともに騎馬武者を下げると、馬が触れあうほど進み、臂を交えて押さえあい、しばらく語りあってから別れた。李傕の兄の子李利が樊稠に随行していたが、李利は帰ってくると、「韓・樊(韓遂・樊稠)は馬首を交えて語りあい、言葉は聞きとれませんでしたが、心情は非常に親密でした」と李傕に報告した。このことから李傕は、勝手に韓遂と和解して異心を抱いているのだろうと樊稠を疑うようになった。樊稠は軍勢を率いて関東へ出撃しようと思い、李傕に兵力増強を求めた。(李傕は)それを利用して樊稠を会議に招き、その座中ですぐさま樊稠を殺した。

[二] 『典略』に言う。李傕はたびたび酒宴を設けて郭氾を招き、ときには郭氾を帰さずに宿泊させることもあった。郭氾の妻は、李傕が婢妾(女中)を郭氾にあてがって、自分への愛情が奪われることを恐れ、彼らを離間しようと思いたった。ちょうど李傕が(食膳)を贈ってきたので、妻はそこでを薬に見せかけ、郭氾が食べようとしたとき、「食べ物は外から参りました。おそらくは訳ありなのでしょう!」と言うと、薬をんで見せた。そして「一つの巣に二羽の雄は住まいませぬ。私はもともと将軍が李公(李傕)を信頼なさるのを不思議に思っておりました」と言った。後日、李傕はまた郭氾を招いて(郭氾を)泥酔させた。郭氾は李傕に薬を飲まされたと疑い、糞汁をしぼって飲み、やっと解毒できた。こうしたことから、とうとう仲間割れが生じ、軍勢をかまえてせめぎあうようになった。

[三] 『献帝起居注』に言う。最初に天子を自陣に迎え入れようと郭氾が計画したとき、夜中、脱走して李傕に報告する者があった。李傕は兄の子李暹に数千人を率いさせて宮殿を包囲し、三乗の車でもって天子を迎え入れた。楊彪が「古代より、帝王が人臣の家に住まわったことなどない。物事を行うにあたって天下の心を一致させるべきなのに、諸君はこんな真似をする。正しいことではないぞ」と言うと、李暹は「将軍の計画は決まっております」と言った。こうして天子は一乗、貴人氏が一乗、賈詡・左霊が一乗(の車に乗り)、その他の者はみな歩行で随行した。同日、李傕はふたたび御車を移して北塢に行幸させ、校尉に命じて塢の門を監視させ、内外を断絶した。侍臣たちはみな飢えた様子であった。真夏の暑い季節であったが、人々はみな胆を冷やしたのである。帝は左右の者に与えるべく五斛の米と五具の牛の骨を要請したが、李傕は「毎朝、上等の御膳を献上しておるのに、米なんかを使ってどうするつもりだ?」と言い、結局、腐った牛の骨しか出さなかった。どれも臭くて食べられたものではない。帝がたいそう腹を立てて、彼を譴責しようとすると、侍中の楊琦が密奏して「李傕は田舎者なので夷狄の習俗に染まっておるのです。しかも、いまは非道を働いたことを自覚し、いつも浮かぬ顔色をしており、御車を導いて黄白城へ行幸させることで憤懣を晴らそうと考えております。陛下にはお忍びなされ、あやつの罪をおおっぴらになさらぬよう、臣は願いあげ奉りまする」と言上したので、帝はそれを受けいれた。李傕はもともと黄白城に屯したことがあったので、ここへ移そうと考えたのである。李傕は司徒の趙温が自分に同調しないので、趙温を塢のなかへ入れた。趙温は李傕が御車を移そうとしていることを聞くや、李傕に手紙を書いて述べた。「公はかつて董公の仇討ちをするのだと言いつつ、実際には王城を攻め滅ぼして大臣を殺戮いたしました。天下の家々に訪問して戸々に釈明することは不可能です。いまは睚眥の恨みから争いを起こし、千鈞の讎となりました。民衆は塗炭の苦しみにあって、それぞれ生活のあてもないのに、(公は)一度も改悛することもなく、こうして災禍混乱を巻きおこしなさる。朝廷が詔勅を下して和解させようとなされたのに、勅命は履行されず恩沢は日ごとに失われてゆきます。それどころか、またしても御車を黄白城へ運ぼうとなさるとは。それは全く、老人の解せぬことでございます。『』によると、最初の過ちを『』と呼び、二度目を『』と呼び、三度目でも改めないのを、頭まで漬かるということで『』と呼びます。すみやかに和解して軍勢を駐屯地に引きあげることにより、上は万乗を安んじ、下は民衆を全うするに越したことはございませぬ。幸福の極みではございませんか!」李傕は激怒し、人をやって趙温を殺そうとした。彼の従弟の李応は趙温の故の掾であったので、何日間も諫め、やっと諦めさせた。趙温が李傕に手紙を送ったと聞いて、帝は侍中常洽に「李傕は善悪を知らぬ。趙温の言葉はあまりに厳しいので、肝を冷やしてしまうのだ」と訊ねたところ、「もう李応がなだめました」との答えだったので、帝はようやく満足した。

[四] 華嶠の『漢書』に言う。郭氾は公卿に(酒食を)振るまい、李傕を攻撃すべしと提議した。楊彪が「臣下同士でせめぎあい、一人が天子を人質にすれば、一人が公卿を人質にする。こんなことをしてよいものでしょうか?」と言うので、郭氾は腹を立てて、その手で彼を斬ろうとした。中郎将楊密や左右の者たちの多くが諫言したので、郭氾はようやく帰してやった。

[五] 『献帝起居注』に言う。李傕は生まれつき鬼神や呪術を好むたちで、つねづね道人や巫女に歌わせたり太鼓を叩かせたりして神霊を呼び、六丁を祀り、御札や魔除けの類で使わないものはなかった。また朝廷の庁舎の門外に董卓のための祭壇を作り、たびたび牛や羊を生贄として祀り、それが終わってから庁舎の門をくぐって(帝の)ご機嫌を伺い、拝謁を求めるのであった。李傕は三ふりの刀を帯び、そのほか手に鞭と一ふりの刃物を持っていた。侍中・侍郎らは李傕が武器を携帯しているのを見て、みな恐れおののき、同じように刀剣を携帯し、先に入室して帝のお側についた。李傕は帝と受け答えするにあたり、「明陛下」と言ったり「明帝」と言ったりして郭氾の無軌道ぶりを帝に説明し、帝のほうでも彼の意図に合わせて返答した。李傕は嬉しくなり、退出すると「明陛下はまこと賢明な聖主さまだ」と言い、ますます自信を深め、うまく天子の歓心をつかんだとじこんだ。そのくせ側近たちが剣を帯びたまま帝のお側についていることがまだ不満で、他人には「この連中は我を殺そうとしているのかな?みなが刀を持っているぞ」と言っていた。侍中李禎は李傕の州里であり、もともと李傕と付き合いがあったので、「刀を持っているのは軍中ではそうせざるをえないからです。これは国家に前例があります」と李傕に語った。李傕の気持ちはようやくほぐれた。天子は謁者僕射皇甫酈が涼州の古い家であり、対話の才能があるので、李傕・郭氾を和解させよと命じた。皇甫酈がまず郭氾のもとへ行くと、郭氾は詔勅をお受けした。李傕のもとへ行ったところ、李傕は承知せず、「我には呂布の功績がある。政治をお助けして四年、三輔が静謐になったのは天下周知のことである。郭多(郭氾)は馬泥棒にすぎんのに、なぜ吾らの仲間に入ろうとするのか?あいつは絶対に誅殺してやるつもりだ。貴君は涼州人の一人として、吾の計略と軍勢について決着をつけるに充分であるのを見ておるかね?しかも郭多は公卿を人質にとっていて、振るまいはそうした調子だ。それでも貴君が郭多に味方するつもりであれば、李傕にも肝っ玉があることが自ずと明らかになるであろう」と言った。皇甫酈が答えた。「むかし有窮后羿は弓矢の腕をたよって災難など恐れもしませんでしたが、けっきょく死ぬことになりました。近くは董公の強さを明将軍も肉眼でご覧になりました。内部には公(王允)がいて内向きのことで仕切り役を務め、外部には董旻・董承・董璜がいて鯁毒となりましたが、呂布がご恩顧に背いて暗殺を企てると、またたく間に、(董卓の)頭は竿先に吊りさげられました。これは武勇を持ちながら智謀がなかったからです。いま将軍は上将の身であられ、を手にしてを杖つき、ご子孫は権力を掌握し、ご一門は寵愛を蒙り、国家の高い爵位は全て独占しておられます。いま郭多は公卿を人質にとっておりますが、将軍は至尊を脅迫なさっており、どちら(の罪)が重いでしょうか?張済は郭多・楊定と通謀しており、しかも官僚どもに信頼されております。楊奉白波の頭目に過ぎませんが、それでも将軍のなさることが正しくないと理解しております。将軍が任命による恩寵を与えてもなお、尽力することは承知いたしますまい。」李傕は皇甫酈の言葉を受けいれず、怒鳴りつけて退出させた。皇甫酈は退出すると省門へ参り、李傕が詔勅に従わず、不遜な言葉を吐いていると報告した。侍中胡邈は李傕に可愛がられていたので、詔勅を伝える役目の者を呼んで、その言葉を粉飾した。さらに皇甫酈に向かい、「将軍(李傕)は貴卿に対して粗末にはされておらぬ。それに皇甫公(皇甫酈の叔父皇甫嵩)が太尉になれたのも李将軍の尽力のおかげなのだぞ」と言った。皇甫酈が「胡敬才どの、貴卿は国家の常伯(侍中・常侍)であり、輔弼の臣下であろう。そんなことを言うようでは、お役目をどうやって果たすつもりか?」と答えると、胡邈は「貴卿が李将軍のお気持ちを損ねては容易ならざることになろうと心配しておるのだ!我が貴卿に対して含むことがあろうか?」と言う。皇甫酈は言った。「我は代々にわたるご恩顧を蒙り、自身でもつねづね帷幄に侍ってまいった。君主が侮辱されれば臣下は死ぬもの。国家の御為に尽くして李傕に殺されようとも、それは天命というものである。」天子は皇甫酈が(胡邈に対して)厳しく返答したことを知ると、それが李傕に聞かれることを恐れ、ただちに皇甫酈のもとに勅使をつかわした。皇甫酈がちょうど営門を出たとき、李傕は虎賁の王昌に命じて彼を呼びつけさせたが、王昌は皇甫酈の忠義正直を理解していたので、存分に出てゆかせ、引き返して「追いつけませんでした」と李傕に報告した。天子は左中郎将李固に節を持たせて使者とし、李傕を大司馬に任命して三公より上位とした。李傕は鬼神の力添えをえられたのだと勝手に思い、巫女たちに手厚い贈り物をしたのであった。

李傕の将楊奉が、李傕の軍吏宋果らとともに李傕殺害を企てたが、計画が漏れたため、軍兵を率いて李傕に対して叛逆した。李傕は手勢が叛逆したため、次第に衰弱してゆくことになる。張済が陝から出てきて彼らを和解させたので、天子はようやく抜けだすことができ、新豊や霸陵の辺りまで行きついた。[一]郭氾がふたたび天子をさらって郿に遷都させようとしたので、天子は楊奉の陣営に逃れ、楊奉が郭氾を撃破した。郭氾が南山に敗走すると、楊奉および将軍董承は天子を支えて洛陽へ帰る(ことにした)。李傕・郭氾は天子を行かせたことを後悔し、ふたたび和解して天子を追い、弘農の曹陽で追いついた。楊奉は取りいそぎ河東の故の白波の頭領であった韓暹・胡才・李楽らを招きよせて合流し、李傕・郭氾と大いに戦った。楊奉軍が敗北し、李傕らは兵士どもを放って公卿・百官を殺し、宮人を誘拐しつつ弘農に侵入した。[二]天子は陝へと逃れて、黄河北岸に渡った。輜重を失い、徒歩でゆき、付きしたがうのはただ皇后と貴人だけであった。大陽に着くと民家に宿泊した。[三]奉・暹等遂以天子都安邑,御乗牛車.太尉楊彪・太僕韓融近臣従者十余人.以暹為征東・才為征西・楽征北将軍,並与奉・承持政.遣融至弘農,与傕・氾等連和,還所略宮人公卿百官,及乗輿車馬数乗.是時蝗蟲起,歳旱無穀,従官食棗菜.[四]諸将不能相率,上下乱,糧食尽.奉・暹・承乃以天子還洛陽.出箕関,下軹道,張楊以食迎道路,拝大司馬.語在楊伝.天子入洛陽,宮室焼尽,街陌荒蕪,百官披荊棘,依丘牆間.州郡各擁兵自衛,莫有至者.飢窮稍甚,尚書郎以下,自出樵采,或飢死牆壁間.

[一] 献帝起居注曰:初,天子出到宣平門,当度橋,氾兵数百人遮橋問「是天子邪?」車不得前.傕兵数百人皆持大戟在乗輿車左右,侍中劉艾大呼云:「是天子也.」使侍中楊琦高挙車帷.帝言諸兵:「汝不却,何敢迫近至尊邪?」氾等兵乃却.既度橋,士衆咸呼万歳.

[二] 献帝紀曰:時尚書令士孫瑞為乱兵所害. 三輔決録注曰:瑞字君栄,扶風人,世為学門.瑞少伝家業,博達無所不通,仕歴顕位.卓既誅,遷大司農,為国三老.毎三公欠,瑞常在選中.太尉周忠・皇甫嵩,司徒淳于嘉・趙温,司空楊彪・張喜等為公,皆辞拝譲瑞.天子都許,追論瑞功,封子萌澹津亭侯.萌字文始,亦有才学,与王粲善.臨当就国,粲作詩以贈萌,萌有答,在粲集中.

[三] 献帝紀曰:初,議者欲令天子浮河東下,太尉楊彪曰:「臣弘農人,従此已東,有三十六灘,非万乗所当従也.」劉艾曰:「臣前為陝令,知其危険,有師猶有傾覆,況今無師,太尉謀是也.」乃止.及当北渡,使李楽具船.天子歩行趨河岸,岸高不得下,董承等謀欲以馬羈相続以繋帝腰.時中宮僕伏徳扶中宮,一手持十匹絹,乃取徳絹連続為輦.行軍校尉尚弘多力,令弘居前負帝,乃得下登船.其余不得渡者甚衆,復遣船収諸不得渡者,皆争攀船,船上人以刃櫟断其指,舟中之指可掬.

[四] 魏書曰:乗輿時居棘籬中,門戸無関閉.天子与群臣会,兵士伏籬上観,互相鎮壓以為笑.諸将専権,或擅笞殺尚書.司隷校尉出入,民兵抵擲之.諸将或遣婢詣省閤,或自齎酒啖,過天子飲,侍中不通,喧呼罵詈,遂不能止.又競表拝諸営壁民為部曲,求其礼遺.医師・走卒,皆為校尉,御史刻印不供,乃以錐画,示有文字,或不時得也.

太祖乃迎天子都許.暹・奉不能奉王法,各出奔,寇徐・揚間,為劉備所殺.[一]董承従太祖歳余,誅.建安二年,遣謁者僕射裴茂率関西諸将誅傕,夷三族.[二]氾為其将五習所襲,死於郿.済飢餓,至南陽寇略,為穣人所殺,従子繡摂其衆.才・楽留河東,才為怨家所殺,楽病死.遂・騰自還涼州,更相寇,後騰入為衛尉,子超領其部曲.十六年,超与関中諸将及遂等反,太祖征破之.語在武紀.遂奔金城,為其将所殺.超拠漢陽,騰坐夷三族.趙衢等挙義兵討超,超走漢中従張魯,後奔劉備,死於蜀.

[一] 英雄記曰:備誘奉与相見,因於坐上執之.暹失奉勢孤,時欲走還幷州,為杼秋屯帥張宣所邀殺.

[二] 典略曰:傕頭至,有詔高県.