利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

龐悳伝

龐悳令明といい、南安狟道の人である。「狟」の音は「桓」である。若くして郡吏・州従事となった。初平年間(一九〇~一九四)、馬騰に従い、叛乱した羌族・氐族を撃ち、しばしば功を立てたので、次第に昇進して校尉になった。建安年間(一九六~二二〇)、太祖曹操)が黎陽袁譚・袁尚を討伐すると、袁譚は郭援・高幹らを遣して河東郡を攻略させた。太祖は鍾繇関中の諸将を率いて彼らを討たせた。龐悳は馬騰の子馬超に従い、平陽で郭援・高幹と対峙したが、龐悳は軍の先鋒となり、進んで郭援・高幹を攻め、大いに彼らを破り、自ら郭援の首を斬った。[一]中郎将の官を授かり、都亭侯に封ぜられた。のちに張白騎弘農で叛逆すると、龐悳はまた馬騰に従って彼を征伐し、両殽の間で張白騎を破った。戦闘のたび、常に敵陣に突入したり敵軍を撃退して、武勇は馬騰軍でも随一であった。のちに馬騰は朝廷に召されて衛尉となり、龐悳は留まって馬超に属した。太祖が渭南で馬超を破ると、龐悳は馬超に従って漢陽郡に亡命し、城を守った。のちにまた馬超に従って漢中に出奔し、張魯に従った。太祖が漢中を平定すると、龐悳は人々とともに降伏した。太祖はもともと彼の驍勇を聞いていたので、立義将軍の官を授け、関門亭侯に封じ、所領三百戸とした。

[一] 『魏略』に言う。龐悳は自ら首一級を斬ったが、それが郭援であることを知らなかった。戦いが終わったあと、人々はみな郭援が死んだのに彼の首がないと言った。郭援は鍾繇の甥であった。龐悳が遅れて来ての中から首一つを出すと、それを見た鍾繇は大声で泣いた。龐悳が鍾繇に謝罪すると、鍾繇は言った。「郭援は我が甥だが国賊である。はなぜ謝るのだ?」

侯音・衛開らが城で叛逆すると、龐悳は配下を率いて、曹仁とともに宛城を攻め落として侯音・衛開を斬り、そのまま南に進んで城にし、関羽を討伐した。樊城にいた諸将は龐悳の兄が漢中にいたので、彼をすこぶる疑った。[一]龐悳はつねづね言っていた。「は国恩を受けており、義は死を顕すことにある。我は自ら関羽を撃ちたいと思う。今年中に我が関羽を殺さなければ、関羽が我を殺すだろう。」のちに自ら関羽と交戦し、関羽を弓で狙って額に射当てた。そのころ龐悳はいつも白馬に乗っていて、関羽の軍中では彼を白馬将軍と呼んで、みな恐れ憚った。曹仁は龐悳を樊城の北十里に屯させていたが、ちょうど十日余りも続く長雨となり、漢水は氾濫し、樊城の平地は五・六丈も水没したので、龐悳は諸将とともに堤に登って水を避けた。関羽が船に乗って攻め寄せ、大船で四方から堤の上に矢を降らせた。龐悳は甲冑を身に付けて弓を持ったが、放った矢が当たらぬことはなかった。将軍董衡部曲将董超らが降服しようとしたので、龐悳は彼らを捕まえて斬り捨てた。日の出から力戦を尽くして正午を過ぎたが、関羽の攻撃はますます激しくなるばかりだった。(龐悳の手元の)矢が尽き果てたので、刀剣を手にして接近戦をした。龐悳は督将成何に言った。「は聞く。良将は死に怯えて逃げ延びず、烈士は節を損なって生を求めず、と。今日が我の死ぬ日だ。」戦いながらますます憤怒し、気迫はいよいよ壮烈になった。しかし浸水がひどくなり、軍吏や兵士はみな降服してしまった。龐悳は麾下の将一人、五伯(伍長)二人とともに、弓を引き絞りながら矢の雨をかいくぐり(?)、小船に乗って曹仁の陣営に帰ろうとしたが、水の勢いで船が転覆して弓矢を失った。転覆した船につかまって一人で水中にいたところ、関羽の捕虜になったが、立ったまま跪こうとしなかった。関羽は言った。「卿の兄は漢中にいる。我は卿を将に取り立てたく思っていたが、なぜ早々に降服しなかったのだね?」龐悳は関羽を罵って言った。「小僧め、なぜ降服を言うのか!魏王(曹操)には武装兵百万があって、威信を天下に振るわせておられる。劉備は凡才に過ぎぬ。どうして敵うものか!我は国家の鬼となるとも、賊将にはならぬぞ。」とうとう関羽に殺されてしまった。太祖は聞いて悲しみ、彼のために涙を流した。彼の二人の子を列侯に封じた。文帝曹丕)は王位に即くと、龐悳の墓前に使者をやってを賜った。その(辞令書)に言う。「むかし先軫は首を失い、王蠋を絶たれた。身を棄てて節義を求めること、前代はそれを美挙としている。思うに侯は戦いにおいて果毅を明らかにし、困難を踏み越えて功名を成し遂げた。名声は当時に溢れ、義心は往昔よりも高かった。寡人は哀悼し、諡して壮侯とする。」また子の龐会ら四人に関内侯の爵位を賜り、所領をおのおの百戸とした。龐会の勇烈は父の面影があり、官は中衛将軍まで昇り、列侯に封ぜられた。[二]

[一] 『魏略』に言う。彼の従兄は名を龐柔といい、このときにいた。

[二] 王隠の『蜀記』に言う。鍾会は蜀を平定したとき、前後で鼓吹させ、龐悳の遺体を迎え入れて弔い、に送って葬らせたが、墓の中の首と体は生きているようであった。臣裴松之が案ずるに、龐悳は樊城で死んでおり、文帝が即位すると、また使者を龐悳の墓所にやっている。つまり彼の遺体は蜀にあるはずがない。これは王隠の虚説である。