利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

馬超伝

馬超孟起といい、右扶風茂陵の人である。父は馬騰といい、霊帝の末期、辺章・韓遂らとともに西方の州で事業を興した。初平三年(一九二)、韓遂・馬騰は軍勢を率いて長安に参詣した。漢朝は韓遂を鎮西将軍として金城に帰還させ、馬騰を征西将軍としてさせた。のちに馬騰は長安を襲撃したが、敗走し、撤退して涼州に帰っていった。司隷校尉鍾繇関中を鎮めることになると、韓遂・馬騰に文書を配布し、禍福を説明してやった。馬騰は馬超を派遣し、平陽における鍾繇の郭援・高幹討伐に従軍させた。馬超の部将龐悳が自ら郭援の首を斬った。のちに馬騰は韓遂と不和になり、京畿に帰りたいと申し出た。そこで徴し寄せて衛尉とし、馬超を偏将軍として都亭侯に封じ、馬騰の部曲を宰領させた。[一]

[一] 『典略』に言う。馬騰は字を寿成といい、馬援の子孫である。桓帝の時代、彼の父で字を子碩というのが、かつて天水蘭干県尉となっていた。のちに(馬子碩は)官職を失ったが、そのまま隴西に留まり、族と入り交じって住まいした。家は貧しく妻はなく、結局羌族のを娶って馬騰を生んだ。馬騰は若いころ貧しく産業もなかったので、いつも彰山の山中で材木を切り出す仕事に就き、(材木を)背負って城市に行って販売し、それで自分を養っていた。馬騰の人となりは身の丈八尺余り、体つきは広大、面や鼻は雄壮異形であった。しかしながら性質は賢明温厚であったので、人々の多くが彼を尊敬した。霊帝の末期、涼州刺史耿鄙が姦悪な役人を信任したので、領民の王国ら、および・羌が謀叛した。州郡は民衆の中から武力ある者を募集し、それを討伐しようとした。馬騰が応募者の中にいたが、州郡は彼を立派だと思い、軍の従事に任命して一部隊の人数を統率させた。賊を討伐して功績があり、軍の司馬を拝命した。のちに功績によって偏将軍に昇進し、さらに征西将軍に昇進した。いつも汧・隴の一帯に屯していた。初平年間(一九〇~一九四)、征東将軍を拝命した。当時、西方の州では食糧が少なかった。馬騰は自ら上表して、軍中の人の多くが飢えているので、池陽で食糧を得たいと請願し、そのまま長平岸頭に移駐した。しかし将軍王承らは馬騰が自分に危害をなすことを恐れ、そこで馬騰の陣営を攻撃した。そのとき馬騰は近くに外出して防備がなかったので、ついに潰滅して逃走し、西へと上っていった。ちょうどそのころ三輔が混乱するようになったので、もう再び東方へは行かなかった。そして鎮西将軍韓遂と異姓兄弟の契りを結んだ。初めは非常に親しみあっていたが、のちに一転して部曲をもって侵入しあい、讐敵に変わってしまった。馬騰が韓遂を攻撃したので、韓遂は逃走したが、軍勢を糾合して引き返し、馬騰を攻撃して彼の妻子を殺した。何度も戦闘を続けて和解することはなかった。建安年間(一九六~二二〇)の初期、国家の綱紀がゆるみ始めたので、そこで司隷校尉鍾繇・涼州韋端をして彼らを和解させた。馬騰を徴し出して槐里に帰還して駐屯させ、異動して前将軍に任命し、仮節とし、槐里侯に封じた。北方では族の侵略に備え、東方では白騎に備え、士人を待遇して賢者を推挙し、民衆の生命を救うことを優先したので、三輔ははなはだ安定し、彼を愛した。(建安)十五年、徴し出されて衛尉となったが、馬騰は自分が年老いたことを見て、そのまま入朝して宿衛することにした。むかし曹公曹操)は丞相になったとき、馬騰の長子馬超をいたが、(馬超は)応じなかった。馬超はのちに司隷校尉(鍾繇)の督軍従事となり、郭援を討伐したが、飛来した矢に当たってしまった。そこでその足を囊に包んでから戦い、撃破して郭援の首を斬った。詔勅によって徐州刺史を拝命し、のちに諫議大夫に任命された。馬騰が入朝するに及び、詔勅を下して偏将軍に任命し、馬騰の軍営を宰領させた。さらに馬超の弟馬休奉車都尉、馬休の弟馬鉄騎都尉に任じ、その家族を移住させて、みなに赴かせ、ただ馬超だけを残留させた。

馬超は軍勢を統率するようになってから、そのまま韓遂と連合し、楊秋・李堪・成宜らとも結び合うようになると、軍勢を進めて潼関まで到達した。曹公(曹操)が韓遂・馬超とただ一騎で馬上会談したとき、馬超は自分の武力を頼みとして、密かに突進して曹公を捕まえようと思ったが、曹公の左右の将許褚が目をらして彼をんでいたので、馬超はそのため行動を起こすことができなかった。曹公は賈詡の計略を用いて馬超と韓遂を離間させ、また猜疑しあうように仕向けたので、(馬超の)軍勢はそのために大敗した。[一]馬超が逃走してもろもろの族たちのもとに身を寄せたので、曹公は追撃して安定まで行ったが、ちょうどそのとき北方で事変があり、軍勢を引率して東方に帰還した。楊阜は曹公を説得して言った。「馬超には(韓)信・(黥)布なみの武勇があり、非常に羌族・胡族の心をつかんでおります。もし大軍が撤退されれば、その防備は厳重でなくなり、隴上の諸郡は国家の所有ではなくなりますぞ。」馬超は果たしてもろもろの戎族たちを率いて隴上の郡県を攻撃し、隴上の郡県はみな彼に呼応して涼州刺史韋康を殺害し、冀城を占拠して彼(韋康)の軍勢を押さえた。馬超は征西将軍・領幷州牧・督涼州軍事を自称した。韋康の故吏であった平民の楊阜・姜叙・梁寛・趙衢らは、馬超を攻撃せんと合議し、楊阜・姜叙が鹵城において挙兵した。馬超は出立してこれを攻撃したが、下すことができなかった。梁寛・趙衢が冀城の城門を閉鎖したので、馬超は入城することができず、進退窮まり、漢中に出奔して張魯に身を寄せた。張魯(の資質)は一緒に事業を計画するには不充分であったので、内心では於邑(はやる気持ち)を抱き、先主劉備)が成都において劉璋を包囲したと聞くや、密かに手紙を送って降服したいと申し入れた。[二]

[一] 『山陽公載記』に言う。むかし曹公は蒲阪に進軍したとき、(黄河を)西に渡ろうとした。馬超は韓遂に告げた。「渭水北岸でこれを防ぐべきだ。二十日にもならぬうち河東の食糧は尽き、奴めはきっと敗走するだろう。」韓遂は言った。「渡河するのを見逃してやって、黄河の真ん中に追い詰めるのも愉快じゃないか!」馬超の計略が実施されることはなかった。曹公はそれを聞いて言った。「馬家の小僧が死なねば、は葬られる場所さえないのだ。」

[二] 『典略』に言う。建安十六年(二一一)、馬超は関中の諸将侯選・程銀・李堪・張横・梁興・成宜・馬玩・楊秋・韓遂らと手を組み、都合十部が一斉に反乱を起こし、その軍勢は十万人にもなり、黄河・潼関地域に集結し、陣営を連ねて建設した。この歳、曹公は西征し、馬超らと黄河・渭水の合流地点あたりで戦い、馬超らは敗走した。馬超は安定まで行き、韓遂は涼州に遁走した。詔勅が下って馬超の家族が収監され滅ぼされた。馬超は再び隴上で敗北し、のちに漢中に出奔した。張魯は(彼を)都講祭酒とし、女を彼に嫁がせようと考えたが、ある人が張魯を諫めて言った。「かように親を愛せない人が、どうして他人を愛せましょうや?」張魯はそれで止めた。むかし馬超が反乱を起こす以前、彼の小婦(側室)の弟は三輔に住居していたが、馬超が敗北するに及び、种は(馬超に)先行して漢中に入った。正月元旦、种が馬超に年賀を告げに行くと、馬超は胸を叩き血を吐きながら言った。「郷里で百人もの人間が、一晩でみな死んでしまった。いま二人で年賀しあっている場合だろうか?」のちに何度も張魯に軍勢を求め、北進して涼州を奪取せんと図ったが、張魯が行かせてやると敗北してしまった。また張魯の将楊白らが彼の自由を阻害しようとした。馬超はそのため武都から氐族の部落に逃げ込み、またもや出奔してへ行った。この歳は建安十九年である。

先主が人をやって馬超を迎えさせると、馬超は軍勢を率いてただちに城下にやってきた。城中では恐れおののき、劉璋はすぐ頭を下げ(降服し)た。[一]馬超を平西将軍督臨沮とし、前都亭侯た。[二]先主は漢中王になると、馬超を任命して左将軍仮節とした。章武元年(二二一)、驃騎将軍に昇進させ、涼州牧を領させ,封爵を斄郷侯に進めた。(辞令書)に言う。「朕は不徳でありながら至尊を継ぐことになり、宗廟を承け奉ることになった。曹操父子は代々その罪を重ね、朕は惨憺たる思いにとらわれ、頭痛の如き症状を得た。海内では恨み怒り、正統に帰順して本道に立ち返り、氐族・羌族が服従し、獯鬻(匈奴)が正義を慕うまでになった。君の信義は北方の地で顕著であり、威厳・武勇はともに昭然としている。それゆえ任務を委ねて君に授け、虓虎(吼えたける虎)の猛威を高く掲げ、万里の彼方まで正し、民衆の病苦を救わせるのだ。さあ、本朝の教化を明らかに宣言し、遠近(の人々)を手懐けたうえ保護してやり、賞罰を厳粛に慎み、それによって漢家の幸福を確かなものとし、それによって天下(の期待)に報いよ。」二年、卒去した。時に四十七歳であった。没するに臨み、上疏して言っていた。「臣の一門宗族二百人余りは、孟徳(曹操)めにあらかた誅殺されてしまい、ただ従弟馬岱だけが残りました。途絶えんとしている宗家の血食(生贄を捧げる祭祀)を継承させてください。深く陛下にお託しいたし、もう外に申し上げることはございません。」馬超は追諡されて威侯と言い、子の馬承が嗣いだ。馬岱の官位は平北将軍まで昇り、爵位は陳倉侯に進められた。馬超の女は安平王劉理に縁づけられた。[三]

[一] 『典略』に言う。劉備は馬超が降参したと聞いて喜び、「は益州を手に入れたぞ」と言った。そこで人をやって馬超を留めて(もてなし)、密かに軍勢を授けて彼を援助(すると約束)してやった。馬超が到着すると、軍勢を引率させて(成都の)城北に屯させた。馬超が来てから十日にもならぬうちに成都は潰滅した。

[二] 『山陽公載記』に言う。馬超は劉備からの待遇が厚いのを見たので、劉備と語り合うときはいつも劉備の字を呼んだ。関羽は怒り、彼を殺したいと申し出た。劉備は言った。「他人が追い詰められて我を頼って来たのだ。(それなのに)らは怒りを抱き、我の字が呼ばれたことを理由に彼を殺そうとする。どうして天下に示しが付こうか!」張飛は言った。「それならば、礼儀を彼に示してやりましょう。」翌日、大宴会を催し、馬超に出席せよと伝え、関羽・張飛はともども刀を手にして(先主の左右に)侍立した。馬超が坐席を振り返っても関羽・張飛の姿が見えなかったが、彼らが侍立しているのを見て大いに驚き、とうとう劉備の字を再び呼ぶことはなくなった。翌日、歎息して言った。「我は今になって敗北した理由が分かったよ。人主の字を呼んだせいで、もう少しで関羽・張飛に殺されるところだったな。」以後、尊敬をもって劉備に仕えるようになった。臣裴松之は考える。馬超は追い詰められて劉備に帰参し、彼から爵位を受けたのだ。どうして傲慢になって劉備の字を呼ぶ余裕などあろうか?そのうえ劉備は入蜀したとき、関羽を留めて荊州を鎮めさせており、関羽は一度も益州の地に入っていない。それゆえ関羽は馬超が帰服したと聞き、手紙で「馬超の人物才能は誰に比類するか」と諸葛亮に訊ねたのであり、書物(山陽公載記)が言う通りにはなりえない。関羽がどうして張飛と一緒に侍立することなどできようか?どんな人間でも行動を起こすには、みなそれがよいと思っているからであり、それが駄目だと知っていれば行わないものだ。馬超がもし本当に劉備の字を呼んだとすれば、やはり理屈からいってそうすべきと思ったからである。たとい関羽が馬超殺害を申し出たとしても、馬超は(その計画を)聞いていないはずで、ただ二子(関羽・張飛)が侍立しているのを見ただけで、どういう理由で、字を呼んだためだと即座に察知し、もう少しで関羽・張飛に殺されるところだったと言うのか?言葉が理屈に沿っていないのは、ひどく腹の立つことである。袁暐・楽資らのもろもろの記載は、穢雑にして空虚誤謬であり、こうした類は、ほとんど言い尽くせないほどである。

[三] 『典略』に言う。はじめ馬超が入蜀したとき、彼の庶妻(側室)氏および子の馬秋は張魯のもとに留まっていた。張魯が敗北すると、曹公は彼らを手に入れ、董氏を閻圃に賜い、馬秋を張魯に附属させた。張魯は自らの手で彼を殺した。