利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

劉寵伝

劉寵祖栄といい、東萊牟平の人で、悼恵王の子孫である。[一]悼恵王の子が孝王劉将閭で、劉将閭の末子が牟平侯に封ぜられて子孫はそこに住まいした。父の劉丕は手広く学んで「通儒」と呼ばれた。恵棟は言う。「丕は本とも作る。『続漢書』に言う。劉本は師について経伝を授かり、諸書を広く学んで『通儒』と呼ばれ、賢良方正に推挙されて般の県長となり、在官のまま卒去した。」

[一] 悼恵王劉肥高祖劉邦)の子である。

劉寵は若くして父の学業を授かり、経典に明るいことから孝廉に推挙されて、東平陵県令に叙任され、[一]仁愛と恩恵によって官吏・民衆に愛された。恵棟は言う。「『続漢書』に言う。このとき民衆の風俗は奢侈贅沢であったが、劉寵は官職に就くと、自ら倹約に努めて民衆の模範となり、礼儀によって上下の秩序を定めたので、都会でも田舎でも(彼を)顕彰した。職務に就いて数年、母が病気になったため官職を棄てて帰郷した。」母が病気にかかったので官職を棄てて去ったが、百姓たちが見送ろうとして道を塞ぎ、車を進ませることができなかった。そこで身軽な服に着替えて飛ぶように帰っていった。

[一] 東平陵は県名で、済南郡に属している。恵棟は言う。「『続漢書』に言う。劉寵は経書に明るく行動も修まっていたので孝廉に推挙され、光祿大夫より四行に挙げられた。」

のちに四たび昇進して予章太守となり、さらに三たび昇進して会稽太守を拝命した。恵棟は言う。「『続漢書』に言う。我が身を正して下の者に率先すると、郡内は大いに治まった。」田舎の民草は愿朴で、白髪になっても市井に入らない者がいて、[一]官吏からはひどく除け者にされていた。劉寵は(お役所仕事の)煩雑さを取り除き、法律違反を禁止したので郡内は大いに教化され、徴し出されて将作大匠になった。山陰県の五・六人の老人がいて、尨眉白髪であったが、[二]若邪山の谷間から出てきて、[三]一人が百銭づつ献上して劉寵を見送った。劉寵は彼らをねぎらいながら言った。「父老よ、どうして自分を苦しめるのでしょう?」答えて言った。「山谷の田舎書生でござれば、恵棟は言う。「『袁宏紀』では『山谷の田舎爺でござれば、生まれてこのかた郡県に行ったこともござらぬ』と言っている。何焯は、ここ(本伝)では鄙(田舎)の下に老(爺)の字が一つ抜けているのだと言っている。」王補は言う。「『通鑑』は『范書』に従って老の字がない。思うに、『范書』の場合は生(書生)の字句が断絶しており、『袁紀』では生の字を下の句に属させて読むべきということになる。鄙生という語句は『范書』にしばしば見られるが、しかしながら、上の『田舎の民草は愿樸で、白髪になっても市井に入らない者がいる』を受ければ、『袁紀』が合理的である。」いまだ郡朝を存じませぬ。『通鑑』胡注にいう。郡が政務を執ることを郡朝といい、府が政務を執ることを府朝という。他の太守の時代には、役人どもが民間から(金品を)要求して夜中になっても収まらず、それに犬が夜っぴて吠え続け、民草は安心することもできかねました。明府が車を降りて(着任して)からというもの、犬は夜中に吠えず、民衆は役人を見なくなりました。年老いてから聖明(の時代)に遭遇いたしましたが、いま(官職を)棄てて立ち去られるとお聞きしたので、体を起こしてお見送りに参ったのでございます。」劉寵は言った。「の政治がどうして公のお言葉ほどのものでありましょう?父老には苦労をお掛けしました!」一人につき一枚づつ大銭を受け取った。汪文台は言う。「『呉志』劉繇伝注の『続漢書』に言う。会稽では劉寵を一銭太守と呼んだが、彼の清潔さはこのようなものであった。」

[一] 愿とは謹しむことである。『風俗通』に言う。「俗語で市井というが、市に行くとき売り物があるべきなら、当然、井戸の傍らでまず(商品を)洗い、それから市に行くべき、と言うのである。『春秋井田記』を慎重に調べてみると、人は三十歳になると百畝の田をもらって五人を養い、五人を一戸とする。(五人とは自分のほか)父母妻子である。公田を十畝、住居を五畝で、田は合せて一頃十五畝分づつ、八世帯で九頃二十畝になり、一つの井戸を共有する。住居を真ん中にするのは人を尊重するからである。公田をそれに次とするのは公を重んじるからである。私田を外にするのは私を賤しむからである。井田の意義は、一に地気を洩らさないこと、二に家ごとの費用を節約すること、三に風俗を同じくすること、四に(農耕に)巧みな者とまずい者を合わせること、五に財貨を流通させることである。井田ごとに取引を行い、交易が終わると帰ってくる。それゆえ市井と言うのである。」劉攽は言う。「注に『市井というが、市に行くとき売り物があるべきなら、当然、井戸の傍らで』とあるが、文章を検討すると、上の当(べき)の字が一つ多い。」

[二] 尨とは混じることである。年老いた者の眉は白と黒が混じるのである。

[三] 若邪は今の越州会稽県の東南にある。

宗正・大鴻臚に転任した。延熹四年(一六一)、黄瓊に代わって司空となったが、濃霧や酷暑のため罷免された。しばらくして将作大匠を拝命し、ふたたび宗正になった。建寧元年(一六八)、王暢に代わって司空となり、重ねて司徒・太尉へと昇進した。汪文台は言う。「『御覧』二百七・『書鈔』三十八・『類聚』四十七・『謝承書』では、劉寵は司徒になっても粗末な布をかぶって眠っていたと言う。」二年、日食のため罷免命令を受け、郷里に帰った。恵棟は言う。「『続漢書』に言う。劉寵は三たび宰相の位を退いたが、故郷に帰ったり京師に上ったりするたび、いつも道に降りて副え馬を外したので、すれ違う人も彼に気付く者はいなかった。」

劉寵は前後して二郡の宰領を経験し、卿相(大臣)に累進したが、しかし清潔倹約で質素であったので王先謙は言う。「官本は清を准と作り、劉攽の『文章を検討すると、准と言うのはまるで意味をなさない。おそらく本来これは廉の字だったのだろう』という言葉を引用している。」家には財貨の蓄えがなかった。かつて京師を出たおりのこと。亭舎で休もうとしたが、亭の役人が彼を押しとどめながら言った。「整頓掃除して劉公を待っているのだ。(ここで休息を)してはならぬ。」劉寵は何も言わずに立ち去った。当時の人々は彼の長者ぶりを称えた。王補は言う。「『袁紀』にいう。劉寵の衣服はくたくた車馬はぼろぼろ、彼が人と付き合うときもねんごろであった。しかしながら朝廷にあっては姿勢を正して冒しがたく、私人としても、門を閉じて住まいは静かで賓客を迎え入れることもなく、子孫に教育を与えるだけであった。そのため進んでは憎まれることはなく、退いても誹謗することはなかった。」老病のため家で卒去した。

弟を劉方といい、官位は山陽太守まで昇った。恵棟は言う。「劉方は別名を劉輿ということが『続漢書』に見える。」銭大昕は言う。「それは別人の劉方だ。」劉方には二人の子がいて、劉岱は字を公山といい、劉繇は字を正礼といった。兄弟は同じくらい名声があった。[一]

[一] 『呉志』に言う。「平原陶丘洪が劉繇を推薦して茂才に推挙させようとした。刺史は言った。『前年は公山を推挙したのに、どうしてまた正礼を推挙できよう?』陶丘洪は言った。『もし明君をして先に公山を用いさせ、後で正礼を抜擢させれば、いわゆる長い道のりを行くに二頭の龍を制御し、千里を行くに麒麟を招くというもので、また結構なことではございませぬか?』」陳景雲は言う。「使明君(明君をして…させる)は明使君と作るべきである。漢代の人は、州将をこのように呼んでいた。」

董卓洛陽に入ると、劉岱は侍中から出向して兗州刺史になった。己を虚しくして人々を愛したので士人の拠り所になった。恵棟は言う。「『英雄記』に言う。劉岱は孝悌にして仁恕、己を虚しくして他人を受け入れた。」初平三年(一九二)、青州黄巾賊が兗州に入って任城国の鄭遂を殺し、転進して東平に侵入した。劉岱はこれに攻撃をかけて戦死した。

興平年間(一九四~一九六)、劉繇は揚州牧・振威将軍になった。当時、袁術淮南を占拠しており、劉繇はそこで住まいを曲阿に移した。ちょうど中国が混乱しているときで、士人の友の多くが南方に逃れてきたが、劉繇は手を引いてかくまってやり優劇を共にしたので、蘇輿は言う。「優は裕福、劇は艱難である。ちょうど甘苦を共にするといった意味である。」大変な名声を得られた。袁術が孫策を派遣して劉繇を攻め破らせたので予章に逃れたが、病気のため卒去した。