利用許諾契約書

このurlで示される文書はGFDLに基づいて利用することができます(GFDL日本語訳)。ただしこの利用許諾契約書そのものは改変できません。

原著作者:【むじん書院】

和熹鄧皇后紀

和熹鄧皇后といい、[一]太傅鄧禹の孫である。父鄧訓護羌校尉惠棟は言う。「『続漢書』にいう、鄧訓には五男三女がいて、長子は鄧騭、次に鄧京・鄧悝・鄧宏・鄧閭があり、女には鄧燕、次に鄧綏、鄧綏とは后のことであるが、次に鄧容があった。鄧燕は早くに卒去したが子女がおり、(その女)娥甫が襁褓に包まれていたとき、后は十二歳であったが、娥が幼くして孤児になったのを憐れみ、目をかけて養育したが、慈愛恩恵は極めて深いものだった。」氏は光烈皇后の従妹である。后が五歳のときのこと、太傅夫人は彼女を愛で、その手で髪を切ってやった。夫人は年を食っていて目が弱く、うっかり后の額を傷付けてしまったが、恵棟は言う。「『東観記』にいう。痛みを感じたが、こらえて一言も発せず、額中傷だらけになった。」(后は)痛みをこらえて一言も発しなかった。左右で見ていた者が怪訝に思って訊ねると、后は言った。「痛くないわけじゃないの。太夫人が(私を)可愛がって髪を切ってくれたのに、お年寄りの気持ちを傷付けるなんてできない。だから我慢しただけ。」六歳で史書(篆書)を得意とし、[二]十二で『詩(経)』『論語』に通暁した。兄たちが経伝を読むたび、いつも下意して学問に追究した。[三]典籍のことに思いふけり、家でする仕事には見向きもしなかったので、母はいつも彼女をなじって言っていた。「は女の仕事を習って着物を仕立てようともせず、そのくせ勉学に打ち込んでいるけど、博士にでもなれるつもりなのかい?」后は母の言葉に背くのは一大事だと思い、昼間は婦人の仕事を修得し、日が暮れると経典を朗読した。家の者は(彼女を)「諸生」と呼んだ。父鄧訓は彼女に目を見はり、ことある事に、大小を問わず相談した。恵棟は言う。「『袁宏紀』に言う。鄧訓は家庭にあって非常に厳しく、子供たちが挨拶に来ても席に着かせることはなかった。后に対してだけは、ことある事に、大小を問わず彼女に相談した。弟鄧邠が言った。『日ごろ息子たちとは語ろうとしなかったのに、今になって耄碌しましたか!』鄧訓は言った。『我は耄碌しておらぬ。この女はまだ幼いが(他の)子供らの及ぶところではない。必ず我が家を繁栄させるぞ。』これほど彼女に目をかけていたのである。」

[一] 蔡邕は言う。「諡法にいう。功績を立てて民衆を安堵させるのを『』と言う。」

[二] 史書とは、宣王太史籒が著作した『大篆』十五篇のことである。前書(『漢書』)では「童子を教育する書」と言っている。恵棟は言う。「『東観記』にいう。后が六歳のとき、兄たちが后の髪の毛を引っ張った。后は言った。『身体も髪や肌も父母からの授かりもの。傷付けないようにするのが孝行の始まりなのに、どうして他人の髪の毛をおもちゃにするの!』」

[三] 下意は出意(思い切ってする)という意味である。

永元四年(九二)、選ばれて(後宮に)入るはずだったが、ちょうどそのころ鄧訓が卒去した。后は昼夜なく号泣しつづけ、三年の(服喪期間の)あいだ総菜を口にせず、憔悴しきって顔付きが変わってしまい、親戚でも彼女を見分けられなくなった。后はあるとき夢を見た。天をってみたが、[一]広々として真っ青、鍾乳石のような形の物があったので、恵棟は言う。「『東観記』にいう。つるりとした玉でできた、鍾乳石のような物があった。」近寄ってすがりつき、それを吸ってみた。(目が覚めたあと)それを何人かの夢占いに訊ねてみると、「は天によじ登った夢を見ましたし、は天まで行ってそれをめました。[二]これらはみな聖王の前兆であって、めでたさといったら言葉になりません」ということだった。また人相見が后を見て驚いて言った。「これは成湯の筋ですぞ。」[三]家の者は密かに喜んだが公言はしなかった。后の叔父鄧陔が言った。「千人の命を救えば子孫が(侯に)封ぜられると、いつも聞いている。兄者鄧訓は謁者となり、使として石臼河を修め、何焯は言う。「使修(使として修めた)は罷修(修めるのを取り止めた)と作るべきだ。」恵棟は言う。「修はもともと治の字だったのである。『罷治石臼河』では文章にならない。『袁紀』に、石臼河を治めたが極めて道理に適い、数千人の命を救った、とある。おそらく鄧訓は初めに治水を行ったが、後になってその完成が困難であると分かり、それを取り止めたというのであろう。」一年で数千人の命を救った。天道を信じよう。我が家にはきっと幸福がやってくるぞ。」むかし太傅鄧禹は歎息して言っていた。「は百万の軍勢を率いてきたが、故無き殺人はただの一度もしていない。其の後世、必ずや勃興する者が現れるだろう。」先謙は言う。「其の字は衍字であろう。」

[一] 捫とは、摸のことである。

[二] 咶の音は是(ゼ)。恵棟は言う。「周宣の『(占)夢書』にいう。むかし聖明なる皇帝の時代、神秘の気は燦然としており、まず旧例を鑑みるに、堯は龍に乗って天に昇る夢、湯は天下に布令する夢を見て、後にいずれも天下を領有した、と。咶を『東観記』は舐と作る。『荀卿子』に言う。伏して天を咶める。注にいう。咶と舐は同じで、咶はまた狧とも作る。舌を使って食べることである。」

[三] 『続漢書』に言う。「人相見である待詔相工(官名?)の蘇文は言った。『これは成湯の骨法ですぞ。』」

七年、后は再び諸家の子供たちと一緒に選ばれて後宮に入った。后は身の丈七尺二寸、容姿は姝麗、[一]大勢の中にいてもとりわけ目立っていて、左右にいた者たちはみな驚いた。八年冬、掖庭に入って貴人となった。ときに十六歳である。うやうやしく心配りはこまやか、しぐさは整っていた。陰后に奉公して朝から晩まで気を抜くことはなく、同輩たちと接するときも、いつも克己してへりくだり、恵棟は言う。「馬融『論語注』に、克己とは約身(身を慎むこと)であるという。」後宮の奴婢が相手であっても、残らず恩借をかけてやった。『通鑑』胡注にいう。恩情をかけた上で、へりくだった態度を取ること。帝はいたく感心して彼女を寵愛した。后が病気にかかったとき、特別に命令を下して后の母や兄弟を中に入れ、期限を切らずに医薬を与えさせた。后は帝に言上した。「禁裏の重要さはこの上ないものでございます。それを外舎に久しく内裏に置かれれば、[二]上は陛下に私人を寵遇なさったとのご批判がございましょうし、恵棟は言う。「幸私(私人を寵遇する)を『通鑑』は私幸(寵遇を私用する)と作る。」下は賤妾に満足を知らぬとの誹謗がございましょう。上下ともに毀損されることになるのは、まこと不本意なことでございます。」帝は言った。「人はみな何度も宮中に入ることを栄誉だと思っておるのに、貴人はかえって憂慮する。(そのように)深く自分を抑制することは、まこと見習うことさえ難しいものだな。」宴会が催されるたび姫妾や貴人たちは競って我が身を飾り立て、は光彩を放ち、は鮮明だったのだが、[三]后だけは質素な着物で、服装に飾りを付けなかった。汪文台は言う。「『初学記』十に引く『続漢書』に言う。衣には彩りを選ばず、装には飾りを付けなかった。」自分の着物が陰后と同じ色だったときは、すぐに着替えた。(他の宮女たちと)同時に拝謁することがあっても、正坐離立しようとはせず、歩いていくときは腰を低くして目立たないようにした。[四]帝が質問したときは、いつもためらったあとで答え、陰后より先に発言しないようにした。帝は后が心を尽くして身を屈しているのを見て、歎息して言った。「徳を修める努力は、とうとうこれほどになったのか!」のちに陰后が次第に遠ざけられていったが、(后は)たびたびお誘いを受けても、そのつど病気だといって辞退した。当時、帝は何度も皇子を失っており、后は跡継ぎが増えないことを心配して、いつも涙を流して歎息し、たびたび才人を推薦して、『通鑑』胡注にいう。西漢の宮中の爵号に才人はない。おそらく東方に遷都したとき設置したものであろう。帝の気持ちを慰めようとした。

[一] 姝は美しい様子である。『詩』に言う。「彼姝者子.」

[二] 外舎とは外戚である。

[三] 『説文』に言う。「簪とはである。珥とはのことで、玉を耳に充てるのである。」『釈名』に言う。「婦人の上の服を袿と言う。」

[四] 離とは(横二列に)並ぶことである。『礼記』に言う。「離坐離立して、三列にならぬよう。」

后の徳望が日に日に盛んになっていくのを見た陰后はなすすべを知らず、ついに呪詛を構えて危害を加えようとしはじめた。帝が病に倒れて危篤状態になったとき、陰后は密かにつぶやいた。「我が思い通りできるようになれば、鄧氏はもう一人も生かしておかぬ。」后は(その言葉を)聞いて、涙を流しながら左右の者に告げた。「我は誠意を尽くして皇后にお仕えしてきたのに、とうとう天祐のご加護なく、そのうえ天罰を蒙ることになってしまいました。婦人に殉死の義理があるわけではありません。しかし周公は身をもって武王の命を請いましたし、[一]越姫は心に必死の契りを誓っております。[二]上は帝の御恩にお報いし、中は宗族の禍を解き、下は陰氏から人豕の譏りを免れますよう(我は自決しようと思います)。」[三]急いで薬を飲もうとしたが、宮人の趙玉が強く引き留め、使者が来たところで『通鑑』胡注にいう。属は之欲の反切(ショク)で、会(ちょうどそのとき)ということである。のご病気は快癒されましたと嘘をついた。后はそうなのだと信じて思い止まった。翌日、帝は本当に平癒していた。

[一] 武王が(太子時代に)病気にかかったとき、周公は彼のために王父、王弟、文王(武王の父)に命乞いをして、「もし三王さまが太子は天の責めを受けておられるのだとお思いでしたら、明朝にもの身を(犠牲として天に捧げて)代わりにしてください」と言った(『尚書』)。

[二] 越姫は昭王の寵姫で、越王句践である。昭王は越姫を従えて宴会を催し、越姫に言った。「楽しいかい?」答えて言った。「楽しいことですから楽しいのでしょう。しかし長くは持ちますまい。」王は言った。「こうやってと生死を共にしたいものだがのう。」姫は言った。「君王はお楽しみあそばせ。は死んでもご命令をお受けいたしませぬ。」のちに王が病気になり、赤い雲が空飛ぶ鳥のように太陽を挟んだ(のが観測された)。王が周太史に下問するとは言った。「これは王のお体を害するものです。将相(将軍・宰相)に転嫁されますようお願いいたします。」王は「将相はにとって股肱のようなものである」と言って許可しなかった。姫が言った。「君王の御徳はなんと偉大でございましょう。妾は王に殉死しとう存じます。昔日の遊楽のときにはご命令をお受けせぬのを正しいと思っておりましたが、いま君王が礼を取り戻され、国中の人々が君王のために死んでおります。ましてや妾ごときはどうでしょう?妾は地下にいって狐狸の先駆けをいたしとうございます。昔日は口で言わずとも、心では(一命を捧げようと)誓っておりました。妾はなる者はその心に背かぬものと聞いております。」こうして自殺した。それゆえ「心に誓った」と言っているのだ。記事は『列女伝』に見える。

[三] 高帝劉邦)は戚夫人を寵愛していた。帝が崩御すると、呂太后は夫人の手足を切断し、目を抜いて耳を焼き、室内で飼育して「人彘」と名付けた。

十四年夏、陰后は巫蠱事件によって廃位され、后が(彼女の)救済を求めても思い通りにならなかった。帝はすぐ彼女に(皇后になってくれと)希望を伝えたが、后はますます病気がひどくなったと言って、自分から固く閉じこもるようになった。ちょうどそのとき担当官が長秋宮を建立すべしと上奏したので、帝は言った。「皇后の尊さというのは朕と一心同体であり、宗廟を受け継いで天下の母になるのである。どうして軽んじられようか!ただ鄧貴人の徳だけは後宮に冠たるものであり、その地位に相応しい。」冬が到来すると皇后に立てられた。三たびの辞退を経て、そのあと即位した。その手で手紙を書いて謝意を表すとともに、徳義の薄さのため、小君への選を満足させられないことを深く陳謝した。当時、四方の国々が貢ぎ物を献上するときには、珍奇・美麗な物品を競うように買い求めていたが、后が即位してからはことごとく禁止し、季節の変わり目には、ただ紙と墨を提供させるだけとした。帝はいつも鄧氏(の一族)に官爵を与えようとしたが、后はそのつど哀願して辞退した。そのため兄の鄧騭でさえ帝の御代を通じて虎賁中郎将に過ぎなかった。

元興元年(一〇五)、帝は崩御した。長子である平原王は病気を持っており、その他の皇子たちは前後十数人にわたって夭逝したので、そのあと生まれた者があれば、そのつど秘密裏に民間で養育させていた。(そのうちの)殤帝は生後百日であったが、后は彼を迎え入れて擁立した。(殤帝が)后を奉戴して皇太后とし、黄山は言う。「殤帝は生後百日なのだから、どうして皇太后の尊号を奉ることができようか。特別措置として、羣臣たちが詔書を称して奉戴しただけなのだ。しかしこれ以後、閻・梁太后が踏襲して制度化されたのである。」太后は朝政に臨むようになった。和帝の葬儀ののち、宮人たちはみな御苑に帰った。太后は周・馮貴人に下賜を行った。その策に言う。「朕は貴人らとともに後宮に入り、喜びを等しく分かち合って十年余りになる。天のお恵みを得られず、先帝は早くも天下をお棄てになられた。孤の心は煢煢として[一]仰ぎ見る相手を失い、朝から晩までずっと思い出にひたり、心の底から悲しみが込み上げてくる。今は先例に則って外苑に分帰(?)させるが、完結は傷ましく悲歎は増しており、燕燕の詩だとて、どうして喩えられようか?[二]そこで貴人に王の(格式の)青蓋の車、装飾を施した驂馬を四匹づつ、黄金三十斤、色違いの絹織物三千匹、白茅の敷物四千端を下賜する。」さらに馮貴人には王の(格式の)赤綬を下賜し、未だ頭上に歩揺・環珮を着けたことがなかったことから、それぞれ一式を追加して賜った。[三]

[一] 煢煢とは、孤独な様子である。『詩』に言う。「煢煢としてにあり。」

[二] 『詩』鄁鄘の序に言う。「荘姜、帰る妾を送る。」その詩に言う。「燕燕の飛ぶや、その羽を池に差す。く子の帰るや、野において遠く送る。瞻望するも及ばずして、泣涕すること雨の如し。」

[三] 『周礼』に「王后は首服を副となす」とある。副首でもって飾りとしたもので、今の歩揺のようなもの。『釈名』に言う。「皇后の首副には、その上部に垂らした珠があって、歩くたび揺れるのである。」

当時、大葬に遭遇したばかりで禁令は設けられていなかった。宮中で大きな真珠の入った箱を一つ紛失したが、尋問をすれば必ず冤罪に陥る者が出ると太后は懸念し、『通鑑』胡注にいう。尋問したのち獄に投ずれば、獄中の供述によって追及を受ける者の中に、必ず無辜にして捕らえられる者が出る。そこで親しく宮人に謁見して顔色を観察したところ、すぐさま自首する者があった。また和帝の寵愛した吉成の御者たちが共謀し、吉成が巫蠱を行っているといって陥れた。恵棟は言う。「漢の法律では、他人を蠱惑して指導する者は棄市する。王制では左道を執るといい、鄭氏は今の巫蠱のようなものと言っている。『袁宏紀』に、吉成の御者は心底吉成を恨んでおり、そこで桐で人形を作り、太后の姓字を書いてそれに埋め込んだ、とある。」かくて(吉成を)掖庭に下して尋問が行われたが、弁明は明白であった。太后は考える。先帝の左右にいた側近たちは恩寵をもって待遇されていた。平日でさえ悪口しなかったのに、今さらこんなことをするのは人間の感情としてあり得ない、と。改めて自分のもとに呼び出して事実を確認すると、案の定御者たちの仕業であった。感服して聖明だと思わない者はなかった。常日ごろ鬼神は兆候を現さず、淫祠は幸福をもたらさないと考えていたので、そこで担当官に詔勅を下し、もろもろの祠官のうち典礼に適合しない者を罷免した。また詔勅を下し、建武以来の妖術による犯罪者、および馬氏・竇氏の家族で禁錮されている者たちを赦免し、すべて平民に復帰させた。太官・導官・尚方・内者による御服や珍味、靡麗なもの、精巧な細工を減らし、[一]自非供陵廟、稲梁米得導択、王先謙は言う。「導は〓と作るべきだ。前書百官表に、少府の属官に〓官があるという。」朝夕、一切れの肉と飯だけとした。かつて太官湯官に二万以上もの歳出をしていたが、[二]太后は勅令によって停止してうた。珍品にかかる費用を削減せよ、と。恵棟は言う。「曰の字は誤りで、日(日々の)と作るべきだ。」これによって数千万もが節約された。郡国の献上物に至っては、どこでもその過半数が削減された。御猟場の鷹や犬は全て売り払い、蜀・漢釦器九帯佩刀は、いずれも新調を止めた。[三]三十九種の絵画や工作を取り止め、さらに御府・尚方・織室錦繡・氷紈・綺縠・金銀・珠玉・犀象・瑇瑁・彫鏤といった玩具は、みな製造を完全停止した。離宮・別館に儲峙された米糒・薪炭はことごとく省かせた。[四]また諸園の貴人に詔勅を下し、宮人のうち宗室・同族に年老いて使者の任に耐えられぬ者があれば、園監に命じて事実確認のうえ名前を報告させることとし、自ら北宮増喜観に御幸して彼らに謁見し、出処進退を自由に決めさせたところ、その日のうちに五・六百人がお役御免になった。

[一] 『漢官儀』に言う。「太官は食膳を管掌する。」前書の音義に言う。「導官は米を選んで祭祀に供することを管掌する。尚方は刀剣や諸物および玉器作りを管掌する。」『漢官儀』に言う。「内者は帷帳を管掌する。」官名を列挙しているのである。恵棟は言う。「『方言』にいう。東斉の言葉では布帛の繊細なものを綾と言い、秦や晋では靡と言う。」郭璞は言う。「靡とは細工の良きものである。」薛君『韓詩章句』に言う。「靡は良きものである。」

[二] 経は常のことである。

[三] 蜀は蜀郡、漢は広漢郡である。両郡は献上用の器作りを管掌した。元帝の時代、貢禹が「蜀・広漢は金銀の器を管掌し、おのおの五百万を費やしております」と上書しているのが、これのことである。釦の音は口(コウ)、金銀で縁取りをした器である。

[四] 儲峙とは蓄積といった意味である。糒は干した飯。

殤帝が崩御すると太后は安帝を擁立し、引き続き朝政に臨んだ。立て続けに大葬に遭遇して百姓たちが役務に苦しんでいたため、[一]殤帝の康陵方中の秘蔵品、[二]および種々の工作を、一つ一つ節約して十分の一に抑えた。

[一] 大葬とは和帝・殤帝の崩御を言う。

[二] 方中は陵中のこと。墓の蔵の中なので「秘」と言うのである。

詔勅を下して司隷校尉・河南尹・南陽太守に告げた。「事ごとに前代の外戚賓客を観察しておるが、権威を嵩にきて軽薄で謥詷、[一]奉公を濁乱するようになれば、『通鑑』胡注にいう。その権勢を恃んで好き勝手に振る舞い、奉公している官吏が濁乱されてしまうことを言うのである。高誘は言う。濁とは乱である。人々の悩みの種となっておった。責任は司法の懈怠にある。その処罰を速やかに行わないからだ。いま車騎将軍鄧騭らは恭順の心を持っているとはいえ、宗門は広大であり姻戚は少なくない。賓客は狡猾であり禁令を干犯することも多い。[二]はっきりと検査を行い、擁護することのないように。」それ以来、親族が罪を犯しても見逃されることはなくなった。恵棟は言う。「『続漢書』にいう。后の性質は慎み深く、兄弟たちがみな内でも外でも先帝に寵愛されていたが、政務を執るようになって以後、内では左右の側近たちを検査し、外では宗族を抑制した。」太后は陰氏が罪を犯して廃位されたのを憐れみ、配流された者たちを赦免して郷里に帰し、詔勅によって資産五百万余りを返還してやった。永平元年(五八)、恵棟は言う。「『安帝紀』に拠ると、これは永初元年のことである。平は初と作るべきだ。」太夫人に爵位を与えて新野君とし、一万戸が湯沐邑として供された。[三]

[一] あわただしいことを言う。謥の音は七洞の反切(ソウ).詷の音は洞(ドウ)。

[二] 干は犯すことである。

[三] 湯沐というのは、その賦税を取って湯沐の用具を供するからである。

二年夏、京師は日照りになった。(その原因を探るため)親しく洛陽の官衙に御幸し、冤罪の調査をした。囚人の中に実際には殺人を犯していないにも関わらず、尋問を受けて自首した者があって、衰弱していて、御輿が見えても恵棟は言う。「『東観記』は便輿見(便輿が見える)とする。便は箯と作るべきだ。」郭璞は『三倉』に注して言う。「箯輿土器。」『説文』にいう。箯は竹製の御輿である。役人を恐れて物言うことができなかった。(御輿が)立ち去ろうとしたとき、頭を挙げて何かを訴えたいようなそぶりだった。太后はそれを見て取り、すぐに呼び寄せて実状を問いただしたところ、事実が歪曲されたことが詳細に分かった。『通鑑』胡注にいう。歪曲された事実を明らかにできたというのである。その場で洛陽県令を逮捕して獄に下し、罪責を追及した。一行がまだ宮殿に帰り着かないうちに、雨が注いで大降りとなった。恵棟は言う。「『東観記』にいう。太后が政治を代行した。永初二年三月、京師が日照りのまま五月一日になったので、太后は洛陽に御幸して獄舎を視察し、冤罪に陥れられた囚人を取り上げた。杜冷は殺人を犯していないのに自首し、笞で打たれて衰弱しており、便輿が見えても役人を恐れて自己弁護しようとしなかった。役人が立ち去ろうとしたとき、恐る恐る頭を挙げて、何かを言いたいようなそぶりだった。太后がそれを察知して、すぐに呼び寄せて実状を問いただしたところ、ようやく告白した。その場で県令を逮捕して獄に下し、罪責を追及し、(河南の)尹を左遷した。一行がまだ宮殿に帰り着かないうちに、雨が注いで大降りとなった。」

三年秋、太后の体調が思わしくなかったため、左右の者たちは心配して祈祷を捧げ、祝詞を述べて(自分を)身代わりにするよう祈念した。太后はそれを聞くなり、怒りとともに譴責したが、(その一方で)ひっそりと掖庭令以下に詔勅を発し、ただ祈祷を行った過失を陳謝させるに留め、みだりに不祥の言葉(弾劾)を起こさせないようにした。恵棟曰:「東観記,左右咸流涕,歎太后臨大病,不自顧,而念兆民.後病瘳,豈非天地之応与?」古いしきたりでは、歳末になると衛士の見送りとして饗宴を催し、[一]大儺逐疫をすることになっていた。[二]太后は陰陽に不調があり軍事問題が多発していたことから、詔勅を下して宴会中の演芸や音楽を禁止し、逐疫の侲子のうち半数を削減し、[三]象や駱駝の類はことごとく廃止した。豊作の年には元に戻した。太后は掖庭に入ってからというもの、曹大家について経書を受講し、恵棟は言う。「『続漢書』にいう。后は後宮に入ってからというもの、五経・伝記・図讖・内事・風角・占候や『老子』『孟子』『礼記』『法言』と手広く閲読し、浮ついた申韓の書物などは見なかった。」天文や算数をも修めた。昼間は王政に臨んで夜中は読書にふけったが、自分に誤謬がないかと心配し、経典に乖離していないかと恐れた。そこで多くの儒者たちの中から劉珍らを抜擢し、博士・議郎および四つの府(役所)の掾史(属官)五十人余りとともに東観(図書館)に送り、伝記を讐校させた。[四](その)事業の完成が奏上されると、それぞれ格差を付けて葛布が下賜された。さらに中官・近臣らに詔勅を下して東観で経伝を講読させ、宮中の者に教育を施したので、左右の者たちの朗読の声は朝夕なく満ちみちた。新野君が薨去したとき、太后は自ら病気を見舞ったのであるが、(新野君が)臨終を迎えると悲哀のあまり体調を崩し、それはただならぬ様子であった。恵棟は言う。「『東観記』にいう。弱り切って骨まで浮き出し、自分の力で立つこともできなかった。」長公主赤綬恵棟は言う。「『独断』を調べてみるに、異姓の婦女のうち恩沢によって封ぜられた者は、格式を長公主と同等とする、とある。」東園秘器、玉飾りの着物に刺繍入りの死装束を贈与し、[五]さらに布三万匹、銭三千万を下賜したが、鄧騭らは銭や布を固辞して受け取らなかった。司空持節として葬儀を仕切らせ、格式を東海恭王と同等とし、敬君した。太后は諒闇が明けると、[六]

[一] 古いしきたりでは、衛士のうち任期を終えて帰郷する者があれば、は親しく饗宴を催してやった。前書(『漢書』)「蓋寛饒伝」の言う「歳末の交代に、上は饗宴に出席して衛卒を罷免する」とは、このことである。

[二] 『礼記』月令篇にいう。「大儺、旁磔、土牛があり、寒気を払う。」鄭玄注に言う。「とは陰の気である。この月、日ごとにを被るため、墳墓の四星の気が悪鬼となり、陰気が強くなるたび出没して人々に害をなすのだ。」それゆえ、これを追い退けるのである。

[三] 侲子とは逐疫をする人である。音は振(シン)。薛綜は『西京賦』に注して言う。「侲の意味は善である。善なる童幼子のことである。」『続漢書』に言う。「大儺では、中黄門の子弟より選ばれる十歳から十二歳までの百二十人を侲子とする。みな赤い帽子に黒い皮衣で、大きなを手に持つ。」

[四] 讐とは対することである。恵棟は言う。「劉向『別録』に言う。讐校というのは、一人が本を持ち、一人が対面して読み、まるで仇敵のようである。それゆえ讐校と言うのだ。」

[五] 東園は職名で、少府に属す。葬具の製造を管掌するので、それゆえ秘器と言っているのである。

[六] 諒闇とは廬のなかで服喪することである。あるいは「諒陰」とも書く。諒とは信のこと、陰とは黙のことである。哀しみにあるうちは沈黙を守ってしゃべらないという意味である。王先謙は言う。「官本ではこの下に本文がある。長いあいだ日照りが続いたため、太后は三日ごとに洛陽に御幸して囚人を取り調べ、裁決を下して死罪とされた三十六人、耐罪とされた八十人を釈放してやり、それ以外は死罪を右趾切断に減刑してやり、以下は司寇にまわした。以上三十八字。これは脱文である。」

七年正月、初めて太廟に入って七日間にわたりし、公卿・百官に格差を付けて下賜した。庚戌、宗廟を参詣し、命婦・羣妾を連れて儀式をけ、[一]皇帝と交献して親しく(酒を)薦め、儀式を済ませて帰ってきた。[二]そのとき詔勅を下して言った。「およそ食膳をお供えする際、その季節に合わさぬことが多く、あるいは鬱養強孰させ、『通鑑』胡注にいう。鬱養強孰とは、作物が季節に合わず充分成熟していないとき、土室を作って下から火であぶり、土の蒸気で蒸らして生長を助け、無理やり成熟を先取りすることを言うのである。彊の音は其両の反切(キョウ)。あるいは穴を掘って新芽を摘み、味は充分でないうえ生長を妨げておる。これが季節に沿って作物を育てるものといえようか!伝に『その季節であらねば食わじ』と言う。[三]今後、陵廟に参詣して御膳をお供えする者は、みな季節を待ってから献上するように。」およそ省略したものは二十三種になった。

[一] 相とは助けることである。『儀礼』に言う。「命夫とは男子が大夫になることである。命婦とは大夫の妻である。」

[二] 『周礼』にいう。宗廟の祭日の朝、王は龍の模様の礼服とを着用して入り、践祚して即位する。后は副禕(?)を着用し、王に付き従って入る。王は圭瓚の杯でもって地面に酒を注ぎ、亡骸に献ずることとし、続いて后が璋瓚の杯でもって地面に酒を注ぎ、亡骸に献ずることとする。それを交献と言うのであるが、儀式が終わるまで九回繰り返される。恵棟は言う。「『袁宏紀』にいう。五年冬、謁者劉珍が建白した。『密かに鑑みまするに、永平年間の初めに虎賁中郎将梁松が、皇太后は宗廟に入られ、陛下と交献して至孝の心を明らかになされるべきと申し、孝明皇帝が経典を遵奉して公卿・博士に議論させましたところ、当時の太傅鄧禹が梁松の言葉通りになされるべきと奏上いたし、それにより光烈皇后が宗廟に入られたのであります。皇太后におかれましては宗廟にお入りになり、光烈皇后の故事を倣われますよう。』その事案は公卿に下され、僉議の結果、劉珍の言葉通りになされるべきとされた。恵棟が思うに、母子の交献というのは古来そうした儀式がなく、それゆえ孝明皇帝は公卿・博士に議論させたのである。」

[三] 『論語』に言う。「季節をなさねば食わじ。」その作物の季節でなければ食べないという意味である。前書に邵信臣は言う。「季節でない作物は人を傷付けます。お供えすべきでありません。」

太后が朝政に臨んで以来、水害や日照りは十回もあり、四方の夷狄は外側より侵入し、盗賊どもが内側より蜂起していた。(太后は)人民が飢えていると聞くたび、ときには夜が明けるまで寝ないでいるなど、我が身を削って仕事に当たり、災厄から救い出そうとした。おかげで天下はまた平安となり、収穫も再び豊穣になっていった。

元初五年、平望侯劉毅は[一]太后が多大なる仁政を行っていることから、速やかに注記を設けられるべしと安帝に奏上した。「臣の聞きますところ、『易』の記載によって羲・農の皇徳が明らかとなり、[二]『書』の著述によって唐・虞の帝道が高められたとのことです。それゆえ聖明であっても必ず功績を竹帛に書き記し、管弦による音楽を流すのであります。[三]伏して思いまするに、皇太后におかれましては大聖の姿を承けて乾坤の徳を体得され、[四]虞妃の足跡に等しく、任姒の足跡に並び、[五]孝悌にして慈仁、允恭にして節約、贅沢の源を根絶して欲望の兆しを抑制され、内裏朝廷の位階を正して四海(天下)を教化なされました。[六]元興・延平年間に際しては、国家に太子や皇后がなかったため、天の兆しを仰ぎ見るとともに人々の評判を参考にして、陛下をお迎えして天下の主といたしましたので、漢室は安泰となり四海は静まったのでございます。またも洪水に遭遇し、東州では飢饉となりましたが、[七]元元に恩寵を垂れ賜い、冠蓋交路(?)、衣食を節約して群下に率先し、食膳を減らして驂を解き、黎苗(民衆)を裕福にされ、[八]惻隠の恩情は赤子を見るかのようでございます。[九]克己して過ちの責任を取り、卑賤な人でも抜擢してやり、晏晏の政治を尊んで[一〇]寛容な教化を敷き、[一一]滅亡した国を再興して断絶した家系を継続させ、功臣を取り上げて宗室を厚遇し、流刑者を呼び返して禁錮者を釈放しておられます。慈悲のなき政策には御心によって実行されず、旧典になき制度には朝議にも参加されません。弘徳は洋溢して宇宙を充足したまい、[一二]恩沢は豊沛として八方に広められ、華夏は教化を楽しみ戎狄は同化共存しており、大功は大漢において明らか、恩恵は民衆において加わり、巍巍たる業績は、聞くことができても真似られず、蕩蕩たる勲功は、語ることができても言い尽くせません。古の帝王は左右に史を控えており、[一三]漢の旧典は御代ごとに注記を置いておりました。恵棟は言う。「『芸文志』に『漢著記』百九十巻とある。『五行志』に『漢著記』はおよそ十二代、二百一十二年とある。谷永は、災害異変が八代の『著記』に及び、久しく解決したとの記録がない、と言っている。荀悦は内外の注記を復活させよとの説を唱えており、先帝の故事では、起居や日用の動静の節目ごとに必ずそれを書き記しており、その制度を復活して内史に管掌させ、それにより内向きの事を記録すべきだ、と言っている。」そもそも道義には崇高とそうでないものがあり、政治には進展とそうでないものがあるのです。もし善政を記さないで些細な異変ばかりを書くならば、それは堯・湯に洪水や日照りの責を負わせ、天まで煕く仮る美しさを咸無くしてしまうことになるのです。[一四]高宗・成王に雉の声や旋風の変を抱かせ、中興や太平の功績を無くしてしまうことになるのです。[一五]さかのぼって『詩(経)』『(尚)書』を調べますと、虞には二人の妃、周室には三人の母がおり、[一六]行いを正して徳を助け、[一七]閾を越えぬよう心がけており、[一八]内側ではお家騒動に遭い、外側では災害に遇うことは一度もございませんでした。大麓を総覧して天物を経営し、[一九]功徳の巍巍たること、これほどであったのでございます。なにとぞ史官に命じて長楽宮の注と聖徳の頌を著述させ、栄光を宣布して金石に勲功を刻み、日月にこれを県げて[二〇]悪党にこれを攄べ、もって陛下の烝烝たる孝心を明らかになさいますよう。」帝はこれを聞き入れた。[二一]

[一] 平望は北海郡に属す県で、今の青州北海県の西北平望台がその地である。別名を望海台という。王先謙は言う。「今の青州府寿光県の東にある。『郡国志』には(記載が)ないが、おそらく廃止されたのだろう。」

[二] 『易』の繋辞に言う。「古代、庖羲氏が天下に君臨していたとき、天を仰いで形象を観測し、地にうつ伏せて筋目を観察した。こうして初めて八卦を描き、神明の徳に通じて万物の情に類した。庖羲氏が没すると神農氏が立ち、木を切って鋤の刃を作り、木をしごいて鋤の柄を作り、鋤の利益を天下に教え広めた。」伏羲・神農を三皇と言う。それゆえ皇徳と言っているのである。

[三] 竹を簡冊と言い、帛を縑素と言う。黄帝以下の六代の音楽はみな功徳を顕彰するものであった。管弦による音楽を流すというのはそのことだ。

[四] 『易』に言う。「聖人はその徳を天地と和合させる。」

[五] 虞妃とは舜の妻であった娥皇・女英のことである。任は文王の母、姒は武王の母である。

[六] 『易』家人の卦に言う。「女が家中で正しく位置し、家を正すならば、天下は定まる。」『礼記』の言うには、東夷・西戎・南蛮・北狄、これらを四海と呼ぶ。

[七] 延平元年に安帝が即位すると六つの州で洪水になった。永初元年に司隷・兗・予・徐・冀・幷の六つの州の貧民に(食糧を)支給した。

[八] 『広雅』に言う。「苗とは衆である。」

[九] 隠とは痛むことである。『尚書』に言う。「赤子を守るようにして人々の平安を願う。」

[一〇] 『尚書』考霊燿曰:「文塞晏晏。」

[一一] 敷とは布くことである。『尚書』に言う。「五教を寛容にせよ。」

[一二] 洋溢とは多いさまを言う。

[一三] 『礼記』玉藻に言う。「行動は左史が記録し、言葉は右史が記録する。」

[一四] 咸は皆ということ、煕は広いことである。『尚書』に言う。「願わくば功績は咸煕めよ。」堯の朝政におけるあまたの功績をみな広めよと言うのである。仮の音は格(カク)で、至ることである。『尚書』に言う。「わが烈祖を祐け、皇天に格る。」伊尹が湯王を補佐して功績が天に聞こえると言うのである。堯は洪水に九年、湯は大日照りに七年遭った。

[一五] 高宗は殷王であり、小乙の子、名を武丁といった。成湯を祭ろうとしたとき雉が飛んできて鼎の耳に登って鳴いた。高宗は徳を修めて殷は中興された。成王が周公を疑ったとき雷電大風の変事が起こった。成王が過ちを改めたのは処刑の間際だった。

[一六] 『尚書』に言う。「嬀汭において二人の女を降嫁し、虞に連れ添わせた。」三人の母とは后稷の母姜嫄、文王の母大任、武王の母大姒を指す。『詩』大雅に言う。「その初めに人を生むは、これ姜嫄なり。」また言う。「大任の身重となりて、生むがこれ文王。」また言う。「太姒の徽音を嗣ぎて、則ち百はこれ男。」

[一七] 『詩』に言う。「まず烈考が有り、続いて文母が有る。」これが徳を助けること。劉攽は言う。「注について調べてみると今の詩ではみな右の字に作っている。右には有の音があり、有と作るべきでない。」

[一八] 閾とは門の仕切である。『左伝』に言う。「婦人は送迎するにも門を出ず、兄弟に会うにも閾を越えず。」

[一九] 麓とは録ということで、万機の政治を大いに統べることを言う。『書』に言う。「大麓に納める。」また言う。「天物を痛めつけ滅ぼす。」

[二〇] 『易』に言う。「天象を掲げて著名なるは日月ほど大なるはなし。」

[二一] 『広雅』に言う。「攄とは舒(のべる)ということである。」孔安国は『尚書』に注して言う。「烝烝とは進展することである。」

六年、太后は詔勅を下し、和帝の弟である済北・河間王の子女のうち五歳以上の四十人余り、また鄧氏の近縁の子孫三十人余りを徴し寄せ、ともに邸宅を開き、[一]経書について学ばせて自ら試験を行った。さらに幼い者たちには教育係を置かせ、朝夕、宮殿に入れて懇切丁寧に詔導してやり、恩愛ははなはだ手厚かった。[二]そして従兄である河南尹鄧豹・越騎校尉鄧康らに詔勅を下して述べた。「吾が子供たちを呼び入れて学官を置いた理由は、実にいま百王の疲弊を継承せんとしておるところ、時の風俗は浅薄になって巧みな詐偽が発生し、五経は衰退して教導する者はおらず、衰退を極めつつあり、それゆえ聖道を崇敬することで誤った風俗を正したく思っておるのだ。言い伝えにあるではないか。『満腹して日を過ごせば用心することがなくなる。厄介なことだ!』[三]今は末世であり、貴人・外戚といった俸禄を受ける家では、衣服は温かく飯は旨く、乗るのは堅固であり駆り立てるのは良好である。[四]しかしながら学術に対しては垣根に向かうようで(視野が狭く)、善悪を知らない。[五]それは従来における災禍失敗の原因である。永平年間に四姓の小侯をみな入学させたのは、[六]風俗を改めて軽薄を戒め、彼らを忠孝の道に返らせるためである。先公はすでに武功をもって竹帛に記され、さらに文徳をもって子孫を教化なされた。[七]それゆえよく束脩し、法の網に触れずに済んだのである。[八]誠に子供らをして上は祖先の勲功を述べさせ、下は詔書の本意を考えさせるに充分であろう。さあ、これに努めよ!」

[一] 『蒼頡篇』に言う。「邸とは舎である。」

[二] 詔とは告げることである。

[三] 『論語』の孔子の言葉である。人が日を過ごして満腹すると道義を心がけなくなる、と言うこと。厄介なこととは、最後まで遠大な志を抱かないままになる、と言うこと。

[四] 堅とは車の好いこと、良とは馬の善いことである。『墨子』に言う。「聖王が衣服の法を作れば、堅車良馬は貴ばれることはない。」

[五] 『尚書』に言う。「学ばざれば牆に面す。」

[六] 小侯の解説は『明帝紀』に見える。

[七] 先公とは鄧禹を指す。鄧禹には十三人の子があり、おのおの一芸を身に付けさせた。それゆえ文徳だと言っているのである。

[八] (束脩とは)よく自分を制約して修身することを言う。

鄧康は太后が久しく朝政に臨んでいたので、心底から畏怖を抱き、病気を口実に参朝しなかった。太后は内人を使者として彼を訪問させた。当時、宮中の下女として出入りしていた者は、多くの場合、良くも悪くも取り沙汰されるような事情を抱えていた。そのうち年を取った者はみな中大人と称していたが、(このとき)使者に立った者も、もともと鄧康の下女であったにもかかわらず、やはり自分を中大人だといって通してもらった。鄧康はそれを聞いて彼女を罵り、「汝は我が家から出ていったのだ。それなのにこんな真似をするのか!」と言った。下女は腹を立てて帰り、鄧康は仮病を使って不遜な言葉を吐いていますと(太后に)説明した。太后はかくて鄧康を官職から罷免して帰国させ、一族から戸籍を外して絶交した。

永寧二年二月、病に臥せって次第に重くなっていった。そこで手車に乗って前殿で侍中・尚書を引見し、それから北へ向かい太子が新たに修繕した宮殿を訪れた。帰還すると天下に大赦を下し、諸園の貴人・王・主・百官にそれぞれ格差を付けて銭布を賜った。詔勅に言う。「朕は無徳ながら天下の母となったが、天祐は薄く神助はなく、離別は早く憂患は大きかった。延平のころは海内に主なく、元元は災厄に遭い、累卵の危うきに置かれていた。[一]こつこつと苦心を重ね、あえて万乗を楽しみとしなかったのは、上は天を欺いて先帝に恥じることはなく、下は人に背いて本心に負い目を感じることなく、心から百姓たちの救済を願い、劉氏を安んじたく思っていたからだ。自分では気持ちが天地に通じて幸福を蒙りたいと念願していたのだが、哀しみは内外より起こり、痛ましきことは絶えなかった。[二]近ごろは病気のため仕事は滞り、長らく祭祀を行うこともできなかった。無理をして原陵に参上してから、ますます咳による吐血がひどくなり、とうとう治まらなくなってしまった。生死は大いなる定めであり、如何ともしがたいものだ。公卿百官はそれぞれ忠誠に尽力し、朝廷をお助けせよ。」三月、崩御した。在位二十年、齢四十一歳であった。汪文台は言う。「『御覧』百三十七に引く『続漢書』では、丙午の日と作る。」順陵に合葬された。

[一] 『説苑』に言う。「晋の霊公は贅沢にふけって九層の台を建造し、国家と人民は困窮していたのに功績が立てられないことを気にしていた。布令を下して『左右の側近で諫言する者は斬る』と言っていたが、荀息が拝謁を求めてきた。公は言った。『諫めるつもりか?』荀息は言った。『そんなことはよういたしませぬ。臣は十二個の碁石を積み上げることができますが、その上に九羽の鶏を載せたいと思います。』公は言った。『危ないな。』荀息は言った。『それ以上に危ないことがございます。公は九層の台を築かれましたが、(そのせいで)男女は耕すことも機織ることもできず、社稷は一度に滅亡しようとしております。ご主君は何をお望みなのでしょうか!』君は言った。『寡人の過ちである。』そこで台を破壊した。」

[二] 内外とは、新野君が薨じ、和帝・殤帝が崩御したことを言うのである。

論曰:鄧后称制終身,号令自出,術謝前政之良,身闕明辟之義,[一]至使嗣主側目,斂衽於虚器,[二]直生懐懣,懸書於象魏.[三]借之儀者,殆其惑哉![四]然而建光之後,王柄有帰,[五]遂乃名賢戮辱,便孽党進,[六]衰斁之来,茲焉有徴.[七]故知持権引謗,所幸者非己;焦心卹患,自強者唯国.[八]是以班母一説,闔門辞事;[九]愛姪微愆,髡剔謝罪.[一〇]将杜根逢誅,未值其誠乎![一一]但蹊田之牛,奪之已甚.[一二]

[一] 前政謂周公也.辟,君也.尚書曰「朕復子明辟」,言周公摂位,復還成王.今太后不還,故曰闕也.

[二] 器謂神器,諭帝位也.

[三] 象魏,闕也.直生,杜根等上書,請太后還政.

[四] 借猶仮也.殆,近也.言太后不還政於安帝,近可惑也.

[五] 太后建光之中崩,帰政安帝.

[六] 帝寵用乳母王聖及其女伯栄,出入宮掖,通伝姦賂,太尉楊震及鄧騭等皆被中官譖誅也.

[七] 斁,敗也.安帝臨政,衰敗逾甚,故曰有徴也.

[八] 言執持朝権以招衆謗者,所幸不為己身,唯憂国也.

[九] 太后兄大将軍騭,以母憂上書乞身,太后不許,以問班昭,乃許之.語見昭伝也.

[一〇] 太后兄騭子鳳受遺事洩,騭遂髡妻及鳳以謝天下.語見騭伝.

[一一] 誠,信也.言未為太后所信.

[一二] 左伝申叔時曰:「牽牛以蹊人之田而奪之牛,牽牛以蹊者信有罪矣,而奪之牛,罰已重矣.」此喻杜根.上書雖曰有罪,太后殺之為過甚也.