■IMAGINEメイン板に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る
クラブ『水経注』
9  方壺島主  2005/08/31(Wed) 00:21
中村様の嬉しい横レスのお礼に、また少し訳しときますね。

  釈氏『西域志』に曰く、「阿耨達太山は、其の上に大淵水有り、宮殿・楼観
 は甚だ大なり」と。山は、即ち崑崙山なり。『穆天子伝』に曰く、「天子 崑
 崙に升り、黄帝の宮を観み、而して豊隆の葬に封ず」と。豊隆は、雷公なり。
 黄帝宮は、即ち阿耨達宮なり。其の山 六大水を出だす。山西に大水有り、新
 頭河と名づく。郭義恭『広志』に曰く、「甘水は、西域の東に在り、名を新陶
 水と曰ふ。山は天竺国の西に在り、水甘し。故に甘水と曰ふ。石塩有り、白き
 こと水精の如し。大段なれば則ち破りて之を用ふ」と。康泰の曰く、「安息・
 月氏・天竺より伽那調洲に至るまで、皆な此の塩を仰ぐ」と。釈法顕の曰く、
 「葱嶺を度(わた)れば、已に北天竺の境に入る。此より嶺に順(そ)ひて西南に
 行くこと十五日、其の道 艱阻にして、崖岸は険絶。其の山は惟だ石のみにし
 て、壁立すること千仞。之に臨めば目は眩み、進まんと欲すれども則ち足を投
 ずるに所無し。下に水有り、新頭河と名づく。昔 人の石を鑿ち道を通じ倚梯
 を施す者有り。凡そ度ること七百梯。度り已へなば、懸絙を躡(ふ)みて河を渡
 る。河の両岸は、相去ること咸く八十歩。九訳の絶ゆる所、漢の張騫・甘英も
 皆な至らざるなり」と。余 諸ゝの史伝を診るに、即ち所謂罽賓の境に、盤石
 の隥(さか)有り。道の狭きこと尺余、行く者は騎歩 相持して、絙橋 相引き、
 二十許里にして、方に懸度に到る。阻険・危害は、勝げて言ふ可らず。

 ※文字化け箇所があったらごめんなさい。
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■IMAGINEメイン板に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る

readres.cgi ver.1.69β1
(c)megabbs
(original)