■IMAGINEメイン板に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る
翻訳・校訂
293  方壺島主  2005/02/02(Wed) 00:21
 暫定公開中の宋書・鄭鮮之伝。あやしいところが随分あるんですよね。
 お恥ずかしいかぎり。なかでも特に不安なところを。

  既殺之非己、無縁生之自由。

 これを何と読むか…。いま公開している訳文はダメだと思うのです。
 「之を殺すこと己に非らざるを既(つく)し、之を生すこと自由なるを縁
(よし)無し」かな。
 「無縁」は後漢書列伝35袁安伝などに、「自由」は同后紀下・安后紀や
同列伝33楽恢伝に見えます。今日、仕事帰りに図書館に寄って、吉川訓注
本で確認したところ、「無縁」は「…するに縁(よし)無し」と読んでいま
した。また「自由」はズバリ「自由(勝手気まま)」です。
 要するに文意は、劉毅が生殺に度なく、自分に靡かぬものを殺し、罪人
でも自分に通じているものの死を減じさせる。その好き放題な専断はどう
しようもない、ということでしょう。うまくそう解せる表現に訓じたいの
ですが。
 諸賢のお知恵を拝借。
sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:

■IMAGINEメイン板に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る

readres.cgi ver.1.69β1
(c)megabbs
(original)